音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 初心者の陥りやすい怪我や事故。

初心者の陥りやすい怪我や事故。

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は、構え方、アンブシュアをメインに持ち方や置き方など基本的な事をレッスンさせて頂きました。

持ち方や構え方が慣れていない初心者の方は、落としてしまったり、マウスピースやリードを顔にぶつけてしまいがちです。

以下は私が実際に見てきた初心者の陥りやすい事故や怪我です。
構えた際に右手を前に出すとマウスピースやリードは顔に近づいて来ます。そこで顔にぶつけてしまうという事です。
マウスピースやリードは先端がとても鋭利です。
これが目にでも入ったらとんでもない事故になってしまいます。

また、サックスはとても複雑に出来ています。
そしてベルは丸みを帯びているので持つ場所等も気を付けないと重さもあるので滑らせて落としてしまう事があります。

そしてサックスには、ストラップと言って首から楽器をぶら下げる道具があります。
それが外れているのに気が付かないまま、あるいは付けたと思ってつけ忘れたまま構えてしまって楽器を落とす。
個人的には最後が一番多いと思われます。

上記の事が初心者の方には大変多くございます。

ですので今回のレッスンではそれらに注意して楽器に慣れるまで一つ一つを確認しながら行いました。

そして、私が毎回とても注意させて頂いている事ですが、初心者の方は特にアンブシュアを正しい形で癖をつけていく事が大切となります。
どんどん色んな音を安定しないまま吹いて悪い癖が付くよりも、良い音を出せるアンブシュアを身につけてしまえば指は後でも十分です。

初めてでも焦らずに、安全にサックスを楽しみましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

有名音楽家との共演多数の先生!理想に近づくための練習法をやさしく提案

守利航のサクソフォンスクール
守利航 (アルトサックス)

川崎・渋谷・新宿・溝の口・立川・八王子・国分寺・幡ヶ谷・調布・府中・聖蹟桜ヶ丘

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta