音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート スラーは流れるように歌いましょう♪

スラーは流れるように歌いましょう♪

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今日は、マーチスカイブルーから始めました。
16分音符は以外に難しくないので、ゆっくりとしたテンポでまずは指使いを確認しましょう。その後少しずつテンポを早くしていくように練習するとマスターできます。

付点8分音符と16分音符のいわゆる「タッカ」のリズムは、付点の音が短くなりがちです。ベタ吹きはよくありませんが、しっかり「タッカ」という音の長さで演奏するようにしましょう。

スラーの後に来る3連符から始まるフレーズは、堂々と歩いているようなイメージで演奏してみましょう。

スラーの部分は流れるように歌いながら吹くと、青い空のイメージ通りの演奏が出来ると思います。


次にスーパーマリオブラザーズのメドレーをやりました。
ゲーム音楽ですので、とても大変な曲です。
今日は少しだけしかやりませんでしたが、youtubeなどで音源をよく聴いて、まずは曲のイメージ作りとリズムなどの確認をしてみてください。
それが出来た上で、次回色々なアドバイスをさせていただきたいと思います
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta