音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート サクソフォンの第一歩。

サクソフォンの第一歩。

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

初めてサックスを吹かれると言う事で、組み立て方や置き方の注意点から始まり、構え方、音の出し方と行いました。
楽器を組み立てた後、まずはアンブシュアやキーの番号など、基本的な用語を覚えて頂いてからの始まりです。
慣れない指の位置やアンブシュアで手こずる事もありますが、基本的な事をはじめにしっかり抑えてしまえば後はスムーズに進みます。

アンブシュアは、どうしても噛みがちになってしまうので、上からの圧力を忘れないようにしましょう。
そして音を出す際は息のイメージをしっかりと持ちましょう。
管楽器において、息はそのまま音へとなります。
良い音を出したいなら、良い息で。

そしてもう一つ、初心者の方が陥り易い点。
一つの音がしっかり出る前に次へ次へと進んでしまいがちです。
なのでまずは一つの音をしっかりと磨きましょう。
一つの音が良い音で鳴れば、違う音も必ず上手くいきます。
逆にしっかりと鳴っていないまま色々な音を出すと全ての音が適当になってしまいます。

しかし、あまりにもガチガチに決めてしまうと練習はおろか音楽さえ楽しくなくなってしまいます。
アンブシュア、一つの音磨き、ここだけを押さえておけば後はやりたい事をとにかくやってみましょう。
出来なくても構いません。
初心者の方に大切なのは楽しむ事です!
このレッスンノートを書いたコーチ

有名音楽家との共演多数の先生!理想に近づくための練習法をやさしく提案

守利航のサクソフォンスクール
守利航 (アルトサックス)

川崎・渋谷・新宿・溝の口・立川・八王子・国分寺・幡ヶ谷・調布・府中・聖蹟桜ヶ丘

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta