音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート フレーズの流れを感じながら吹く

フレーズの流れを感じながら吹く

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今日は糸を通しでやりました。
最終的にはテンポ72でやらなければなりませんが、今日は66でやりました。

長い音符の後やブレスをした後の入りが遅れてしまいますので、メトロノームで確認しながら練習してみてください。
カラオケCDをかけながら、口ずさむのも練習になります。

またスラーの中をどう吹くかを今日はアドバイスさせていただきました。
棒吹きにならないよう、どこに向かって行くのかを感じながらウェイトをかけていかれるとよいでしょう。

あとは、音の入りをきれいにできるとよいですね。
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta