サイタ音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート マーチの吹き方

マーチの吹き方

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は「マーチブルースカイ」をやりました。

16分音符の入りが少し遅れるのと、16分音符をしっかり吹こうと意識しすぎてしまい、重たくなってしまっていましたので、もっと軽い感じで16分音符を吹いてみましょう。

旋律はフレーズをしっかり感じ取って、アウフタクトの4分音符にウェイトを置いて、小節の頭の音は力強くなりすぎないように注意しましょう。
途中の4分音符のアクセントは前のスラーの勢いのまま吹くのではなく、改めて吹きなおすためにしっかり吹き分けましょうという意味のアクセント記号だと思いますので、キツイ音色にならないよう気をつけましょう

トリオは、最初小さく吹くように注意しましょう。
そして徐々に大きくしていくと良いと思います
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta