音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート ポップスの吹き方

ポップスの吹き方

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は、ポップス2曲を練習しました。

「じょいふる」はノリのよさを出さなければいけませんので、テヌートとスタッカートの吹き分けを「ダァーダッ」というようにしっかりしましょう。
あと、山型アクセント=「へ」は、短くするのではなく、しっかり吹き込みましょう。
但しクレシェンドがある場合、音をはっきり吹くという意味に捉えてください。

次に「全力少年」をやりました。
以前やりましたが、少し間が空いたので忘れていたようですね・・・
こちらも音の長さを長すぎず、短すぎないように原曲をよく聴いてその長さで服用にしましょう。
最初のアルペジオは練習すればそれほど大変ではありません。ただ、オクターブ上のソへ移行するときに音がひっくり返りやすいですので、キーを同時に押す練習をしましょう。できれば、オクターブキーと薬指を同時に押すように心がけるとひっくり返りにくくなると思います
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta