音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート アンサンブル曲

アンサンブル曲

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日もアンサンブル曲をやりました。


最初に君を乗せてをやりました。
旋律に対して、ハモリがどのように吹いたら良いかをご説明しました。
どうしてもハモリだと単調な演奏になりがちですが、旋律と同じようにフレージングを意識した演奏をされると良いと思います。
また、合いの手の部分はしっかり出て、主張されるともっと良いかとも思いました。

次に見上げてごらんをやりました。
何度もやっている曲ですが、ところどころ遅れる部分がありますので、注意しましょう。8分音符の吹き方ですが、あまりキツいタンギングにならないようにしましょう。音色もやさしいイメージで吹きましょう。

オクターブキーを押したソの音がウルフトーンになったり、ひっくり返ったりするのは、リードが薄いのとアンブシュアが緩いためだと思われます。
リードの番手を上げたり、アンブシュアを少ししっかり締めるなどの対策をされるとよいでしょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta