音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 息の入れ方

息の入れ方

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は、息の入れ方についてまずお話しました。

温かい息を入れるように吹くと音色が優しくなります。
特に高音域で効果を発揮しますので、練習してみてください。

次にタンギングの練習をしました。
時々舌を後ろへ下げるのがゆっくりになります。その場合音がひっくり返ったり、音程が下がってしまったりしますので、サッと後ろへ引くように心がけましょう。

また、同じ音でタンギングしているときは良いのですが、音が変わっていくスケールでのタンギングは下を突くタイミングと指をかえるタイミングがぶつかってしまうことがあります。
基本は舌でリードの振動を止めてから、次の音の指へ移行して、それからリードから舌を離すという一連の動作になりますので、ゆっくりやって確実にできるようにしましょう。

最後にホールニューワールドをやりました。
とても綺麗に吹けています。あとは1曲持たせるだけの体力をつけるように練習してみてください
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta