サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス神奈川 信也のアルトサックス教室 スクールブログ フォービート

フォービート

4分の4拍子で4分音符や2文音符を基本単位としたビート
2(ツー)ビート:「シャーバダーバ」と聞こえます。「ゆったり、散歩をしている様なスウィング感」ビート。「1,2。1,2」と『2を感じる』ビートですね。Jazzにも2ビート(のノリ)があります。

4分の4拍子で8分音符を基本単位としたビートでは
4(フォー)ビート:「シャバダバ(デュビデュバ)」と聞こえます。アフタービートとも言いますが、「1,2。3,4。」という風に2,4拍目にアクセントが来るように聞こえスウィング感が出ます。

4分の4拍子で16分音符を基本単位としたビートでは
8(エイト)ビート:ツツタタツツタタ(ウンチョチョウンチョッ)と聞こえ、ロックやポピュラー等で使われアクセントは一拍目です。

4分の4拍子で32分音符を基本単位としたビートでは
16(シックスティーン)ビート:ツツタッツタツタツタッタと聞こえ、やはりロックやポピュラー等で使われアクセントは一拍目です。

この様にジャズでは2ビートか4ビートが使われ、ロック系では8、16ビートが使われます。

 

(2019年12月4日(水) 21:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

50年のキャリアを誇る先生の直接指導!演奏テクニックから理論まで幅広く

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

大堀サックス研究所Blogより「改造君(大堀博士さん)のつぶやき」引用   2006年9月5日    たまに、当研究所にも「私のこのビンテージの◯◯の開きを◯◯位にリフェイスして欲しいのですが」という問い合わせがあります。 はたして、そういったことが必要なのでしょうか? 確かに、...

サックスのリードメーカーは色々あり、どの様なジャンルの曲を演奏するかで好みのメーカーがあります。またマウスピースのフェーシングナンバーで当然厚さ(柔らかめ / 硬め)が異なってきます。 昔は、プロ(ジャズ)ミュージシャンはラ・ボーズ(La Voz)を使っている人が多かったと思いますが、私も含...

『めちゃモテないサックス〜 Go Go じゅんさん〜 チャン!チャン!』 で始まる近藤淳のサックスバラエティ【Channel5513】で始まるYoutubeです。 丁度1年前頃「めちゃモテサックス」を見て自分でもやってみたくなり始めることにしたそうです。 後輩からジュンサンと呼ばれているの...

2011年より、ウィンズスコアより「めちゃモテ・シリーズ」として管楽器用のソロ楽譜を出版、及びカラオケが出ております。 1曲ごとのピース譜で、サックスのソロ譜、ピアノ伴奏譜、デモ演奏CD(伴奏カラオケ収録)のセットとなっており、このデモ演奏をYouTubeで公開され、ジャズからポップス・歌謡...

4分の4拍子で4分音符や2文音符を基本単位としたビート 2(ツー)ビート:「シャーバダーバ」と聞こえます。「ゆったり、散歩をしている様なスウィング感」ビート。「1,2。1,2」と『2を感じる』ビートですね。Jazzにも2ビート(のノリ)があります。 4分の4拍子で8分音符を基本単位とし...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アルトサックスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ