全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス北海道 札幌サックス教室 “ゴーシュ” スクールブログ アンブシュアの...

アンブシュアの本音(続き)

(前回からの続き)

A,最低音シ♭(バリトンはラ)~低音ド#【一番管・二番管(U字管)でキーの開閉が必要な音域】

B,低音レ~低音ファ#【オクターブキーを押さず両手を必要とする音域】

C,ソ~中音ド#【オクターブキーを押さず左手のみで出せる音域(両手ともに必要としないド#を含む)】

D,中音レ~中音ファ#【オクターブキーを押し両手を必要とする音域】

E,高音ソ~高音ド#【オクターブキーを押し左手のみで出せる音域】

F,高音レ~高音ファ#【オクターブキーと左手サイドキー(パームキー)を押す必要のある音域)】

G,フラジオレット(アルティッシモ音域)【標準音域最高音ファ#よりも上の倍音(オーバートーン)コントロールが必要な音域】


ロングトーンで各段階ごとの最良なアンブシュアを是非探してみてください。ご興味をお持ちになった方、アドバイスが必要な方、一音ごとのアンブシュアを見直したい方はレッスンを受講してみてください。

 

(2010年5月2日(日) 11:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

吹奏楽部の顧問も担当した元教師!アルト・ソプラノ対応OK

ブログ記事 ページ先頭へ