サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス北海道 札幌サックス教室 “ゴーシュ” スクールブログ アンブシュアの...

アンブシュアの本音

特にレッスンをするようになってから、教則本でよく目にする「サックスのアンブシュア(口の形)は全音域同じように」は正直なところ建前というか理想論であって、実際は違うように感じています。

音によってアンブシュアのギャップが大きければ音楽的表現の自由を奪いかねないため、ギャップを小さくしてコントロールできるよう心がけます。そのため熟練したプレイヤーの見かけのアンブシュアは全音域同じに見えますが、長年の鍛練により、口輪筋、唇、顎関節などを音域によって無意識に変化させているのが実状だと思います。

サックスは未完成の楽器でデシタル楽器のような完璧な音程を持ち合わせてはいません。例えば運指だけしか知識がなく中音レを出せば必ず音程は高めになります。ただ音を出すだけなら比較的簡単と言われており、同じアンブシュアでも良いでしょうが、正しい音程で様々な音色を生むにはやはり音ごとにアンブシュアを変化させるべきだと考えます。

初心者の方は、最初から一音ごとに変化を求めるのは大変ですから先ずは以下の二段階で施すべき変化を模索してみましょう。

A,中音ド#(開放)から下がっていき最低音シ♭【オクターブキーを押さない音】

B,中音レから上がっていき標準音域最高音ファ#【オクターブキーを押す音】

経験者の方で「同じアンブシュアで対応できているから変化させなくても良いのでは?」と思う方は、以下の七段階(ソプラノ・ソプラニーノなどストレートのサックスはABを一段階とし全部で六段階)ごとに試してみましょう。施すべき変化を発見できればさらに音は良くなると思います。

(次頁に続く)

 

(2010年5月2日(日) 11:47)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

Spain サックス・ソロの楽譜とカラオケは【めちゃブサ・サックス】で好評配信中です。スペインはジャズをやっている方だけでなくクラシック、吹奏楽、ポピュラーミュージック をなさっている方にも知名度が高いチックコリアの曲です。 《Youtube模範演奏動画》 SPAIN saxophon...

フュージョン好きのの方ならT-SQUARE、吹奏楽をなさっている方ならニュー・サウンズ・イン・ブラスでお馴染みのOmens of Loveを吹奏楽版で演奏してみました。普通にアルトサックス・パートを演奏するのではなく、次から次へと息つく間もなく、メロディーの合間にさまざまなパートのフレーズを詰...

ライブのお知らせです。 当教室のサックス・レッスンはオールジャンル対応ですが、講師の最も好きな分野はフュージョンやスムースジャズです。 そんな講師のサックスを生で聴いてみたい方はぜひ【フュージョンナイト2017】へお越しください! 《日程》 12月23日(土) 16:3...

9/13(水)札幌時計台ホールで第7回サックス・コンサートを開催。私のレッスンを受講している生徒さんが主役の発表会です。ジャズやポップス、様々なジャンルのサックス演奏が16曲楽しめます。 【演奏予定曲】 (プログラム順ではございません) ◆朝日のようにさわやかに/Sigmund R...

レッスンでも初心者から中・上級者まで幅広い層での大人気曲、Fly Me To The Moon (フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン)の演奏動画をYoutubeに公開中です。 https://youtu.be/DfcbPJnaS3k ウィンズスコアの"めちゃモテサックス" や リット...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アルトサックスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ