全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス埼玉 ABC・サックススクール スクールブログ タンギング

タンギング

こんにちは、倉持です!

今日はタンギングについてです。

管楽器では、音を短くきったり、ニュアンスをつけたりするために、舌を使います。
サックスでいえば、音を出しているリードの部分を舌で止めて音を切ったりするわけです。

同じフレーズを、スラー(タンギングをしない)で吹くか、タンギングをして吹くか、で大分印象が変わるので重要な技術と言えます。
また、タンギングの舌をつく長さや強さで、同じタンギングでも、もっと細かくニュアンスがわかれてくるのです。

タンギングの最初の練習法としては、ロングトーンでのばしている音を、拍にあわせてタンギングで切り目をいれていきます。
この時注意することは、息を出しながらタンギングを行うという事です。

タンギングが上手になると、楽器の発音がとても楽になります。
ぜひ練習してみて下さい!

 

(2010年4月25日(日) 0:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック、ジャズ、クラシック!時間を忘れるほど、夢中になるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ