全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス埼玉 ABC・サックススクール スクールブログ 最初は息をふき...

最初は息をふきこみます。

こんにちは!講師の倉持です!

さて、今日は「息」について書こうと思います。

当たり前のことですが、管楽器は
トランペットも、トロンボーンも、サックスだって

息を吹き込まなければ音が出ない!

本当、当たり前のこと。
でも、逆に言うと、息を吹き込めば音がでる。
極端に言えば「息=音」ってことなんですね。

息が安定すれば音も安定する、良い息なら良い音がする。

ですので、僕は楽器を吹くときに息の吐き方と吸い方に気を使うようにしています。
プレーヤーによってはこれが永遠の課題だったりします。

体のアクションは、楽器の音に直接表れます。
たかが息されど息、単純だからこそとっても気を使うところなのです・・・。



 

(2010年4月8日(木) 13:13)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロック、ジャズ、クラシック!時間を忘れるほど、夢中になるレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ