全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス北海道 サックススクール・けせらせら スクールブログ 心地よい音を出...

心地よい音を出すために

どうも!菅原です。

前回は、初心者の方に向けた楽器の選び方のお話しでしたが、今回は経験者へ向けた楽器の小物類に関して・・・僕なりの考えをまとめてみました。


リード、マウスピース、リガチャー、ストラップ・・・と様々な楽器周辺の小物にも悩まされるサックス。憧れのあの人と同じ物を!と言うのも良いでしょう。まずは試してみるのは大事ですしね。

ただサウンドと言うのは、音を出すイメージや骨格、体格等にかなりの影響があり、掘り下げる程に『その人の音』しか出ないものだったりします。同じ楽器や同じセッティングは、一歩でも憧れのプレイヤーの音に近づく方法の一つではありますが、最終的に出るのは貴方自身の音になります。


では、一体何を基準に選べば良いのでしょう?


楽器にしろ、小物にしろ大事なのは音に他ありません。如何に良い音を奏でるか?それを考えると、自分に無理なく気持ちよく吹けるセッティングと言うのがベターで

『気持ち良く吹けるから、結果良い音として外に出る』

自分は、こんな風に考えて今のセッティングに落ち着いています。


ちなみに今の僕の楽器のセッティングは・・・

本体・仏セルマー製マーク?
ストラップ・ウッドストーン
リード・ウッドストーン
マウスピース・ナガマツ
リガチャー・フランソワルイ

マウスピース以外は、ジャズ系サックスの業界内ではそこそこ有名ではないかと思います。このマウスピースは、名前からも分かる通り日本のメーカーのもので、メールや電話でのオーダーメイドが可能だったりします。

僕の使用している物も、ジャズ用モデルとされた基本モデルを一度取り寄せ、そこに自分のイメージする音の傾向を出すべく『ここをあーして、こうして、こうやって欲しいんですよねー』とメールで注文をして、作って頂いた品です。このセッティングになって、四年程になりますが概ね満足しています。

無理なく気持ちよく吹ける事が大事だと思えたのは、毎日楽器を吹く生活をするようになって、パワー全開で吹くセッティングを続けるのが難しくなった事と、そうやって出した音と言うのは、やはりどこか無理のある音になってしまっている事に気がついたからなんですね。


人が聞いていて心地よい音と言うのは、吹いている本人も吹いていて心地よい状態じゃないと出せないと考えています。是非、気持ち良く吹けるセッティングを見つけ出して、格好良い音を出してみて下さい!!


 

(2010年2月21日(日) 14:38)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多数の歌手と共演してきたプロ奏者。心に残るあの曲が弾けるようになる!

ブログ記事 ページ先頭へ