全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス神奈川 楽しいサックス教室 スクールブログ 私の練習開始!...

私の練習開始!!

なかなか、ブログを更新出来ず・・・

卒業試験が終わってもサックスカルテットの本番があったたりして、バタバタしてしまいました。。。

でも、これで在学中の本番はすべて終了!!
あとは、卒業を待つだけです☆

私がいつも練習をするとき、最初にする基礎練習は『ロングトーン』

楽器をはじめたばっかりの時は、こんなにも面倒な練習は本当にだるかった(笑)
ただ、同じ音を8拍のばすだけ・・・

これをただただ、全音域・・・

ロングトーンの大切さを知ったのは大学1年の冬でした。
レッスン時、先生に「音色が貧しい」といわれました。



ただ、楽器に空気を入れているだけで、これは楽器の音で、君の音ではない。
音色を磨きなさい!!
私の音って何だろう?とずっと考えていました。
考えても考えても答えはわからず・・・
とりあえず、誰かの音色をまねしてみよう!!そう思いました。
私の1つ学年の上の先輩ですごく音色のきれいな先輩がいました。
毎日、生の音を聞いてこの音色を覚えようとしました。
そして、頭で音のイメージができ、自分で楽器を吹いてみたところ、以前と全く変わらず・・・
その時、初心に戻ろうと思い立ちました!!
私が楽器を手にした時にしていた練習・・・
面倒でずっと避けてきた『ロングトーン』・・・
その日から、毎日ロングトーンをするよう心がけました。
自分の目指している音をイメージしながら、実際に出ている自分の音と違いを探し音色を磨きました。
ロングトーンは、本当に大切な練習だとその時、ようやく気付きました。
自分の音をしっかりきくこと、音を安定させること。
音色だけでなく、音の出だしのアタック、音の立ち上がり、音の切り方、音の処理・・・
こんなにも単純な練習なのにやり始めると奥が深すぎる・・・
また、サックスの永遠の課題!!
ビブラート!!
これにも、ロングトーンが深くかかわってきます。
ロングトーンで音に安定感がないと、ビブラートをかけても、ただ音程が不安定なだけに聞こえてしまいます。

本番や試験で追い込まれた時、私は頭をリセットするためにもロングトーンをします。
管楽器の基礎の基礎。
ロングトーン!!
私はこれからも毎日、5分でも10分でも時間があれがやろうと思っています。

皆さんも、是非ロングトーンで自分の音を作ってみてください。

 

(2010年3月8日(月) 23:07)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

横浜国際コンクール入選!個性が出るビブラートから一歩ずつ確実に進歩

ブログ記事 ページ先頭へ