サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス大阪 Yoshiアルトサックス教室 スクールブログ ジャズ アドリ...

ジャズ アドリブ攻略法のお話その2

その1ではコードの勉強の必要性をお話ししました。
これから本を開いて勉強するにしても、楽器を持って練習するにしても時間を必要としますので、なぜその勉強あるいは練習が必要なのか出来るだけ説明をし、その必要性を納得して頂けるよう頑張っていきます。

アドリブの構成(アルトサックスの教室ですのでinE♭で説明します。ですからCの音は実音ピアノの音ではミの♭(E♭)です。留意お願いします。
①演奏するところの小節にあったスケール(音階)を使う。その場所がハ長調(Cメジャー、C△で表記)ならCメジャースケールを使います。適当に吹いても概ねいけます。
②コード音、すなわち分散和音を使います。C△ならドミソシの4音です。これを使うとその曲の感じが出てきます。
③テンションノートという音を使い。これはコードでテンションノートが決まっています。
大きくはこの①②③を上手く使ってアドリブします。経験とセンスでうまさが違って来ます。
初めは自分で聴いて極めて変な音だと思わないならok としてもいいのではと思います。

さて、
①のスケールは音楽をする限り必要であるというのは、ご理解いただけると思います。
②のコードは曲のメロディーに合うように作られています。しかしコードはこのメロディーだけに合うのではなく、コード音を使った音の組み合わせならどんな組み合われでも合います。ですからコード音を使って自分で作ったメロディーは全てアドリブとし合格です。
③のテンションノートはやや説明も複雑になります。初めはテンションノートが無くてもアドリブは吹けます。大丈夫です。おいおい説明いたします。

次回から曲を決めて具体的に説明していきます。
次回をお楽しみに!

 

(2018年6月4日(月) 0:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大阪のライブハウスなどで活動中。ドレミから曲演奏、アドリブ演奏まで

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

音を吹き始めたらすぐに初心者か経験者かが大概分かりますね。誰もが艶のあるいい音を出したいはずです。 なぜいい音が出ないのでしょうか。その条件が整っていないからですね。 それってどんな条件でしょうか。 ①扱いやすいマウスピースを選んでいるか。 開きが大きいものは、コントロール...

その1ではコードの勉強の必要性をお話ししました。 これから本を開いて勉強するにしても、楽器を持って練習するにしても時間を必要としますので、なぜその勉強あるいは練習が必要なのか出来るだけ説明をし、その必要性を納得して頂けるよう頑張っていきます。 アドリブの構成(アルトサックスの教室ですの...

アドリブの勉強、練習方法って分かりにくいですよね。 この本一冊読むとアドリブの方法がわかるっという本を私は知りません。 私はいろんな本を読み漁りました。それでなんとかその体系が分かるようになりました。 ここでは、ジャズのアドリブが出来るようになるためのお助けができれなと思って、継続し...

大阪の御堂筋線/北大阪急行線の桃山台駅近くのジャズバーTurnで標記のライブを行います。 編成はサックス/フルート、ピアノ、ベース、ドラムのカルテットです。 ご興味のある方は覗きに来ていただければ嬉しいです。 その時ジャズやボサノバの演奏についてなど、ご質問も有りましたらお気軽にどうぞ。...

今日はトリオ編成でアルトサックス、フルート両方を吹く予定にしています。 お気軽に聞きに来て頂ければ幸いです。 ジャズはEast of the sunやGorgia on my Mind など、ボサノバはWaveなどのスタンダード曲を中心に演奏します。 初心者の方でも、メロディーの吹ける曲...

ブログ記事 ページ先頭へ