サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス大阪 Yoshiアルトサックス教室 スクールブログ ジャズ アドリ...

ジャズ アドリブ攻略法のお話その1

アドリブの勉強、練習方法って分かりにくいですよね。
この本一冊読むとアドリブの方法がわかるっという本を私は知りません。
私はいろんな本を読み漁りました。それでなんとかその体系が分かるようになりました。

ここでは、ジャズのアドリブが出来るようになるためのお助けができれなと思って、継続してブログを書いていくつもりです。どうぞお付き合いください。

アドリブは伴奏に上手く乗っかって即興的に演奏する事ですね。
伴奏にうまく乗らなくてはいけませんね。
伴奏はコード(和音: 記号例 Dm7、G7、CMajなど)に基づいて演奏されるので、その伴奏に乗っかって演奏するアドリブもコードに基づかないとうまく合わないのですね。
コードなんか勉強しないで即興をやろうとしている方を時々見かけますが、うまくいきません。

ですのでコードの勉強は避けて通れません。コードの勉強は面倒くさいと思われている方もおられると思いますが、確かに時間がかかると思います。しかし少しづつでも頭の中に入って来るとアドリブが段々と出来るようになっていると実感できるようになります。

音楽をするので音階練習は基本として必要です。その上で和音であるコードを勉強していきましょう。
コードは和音だから単音楽器のサックスには必要ないのではと思われている方もおられるかもしれませんが、そうではありません。コードはアドリブをするのならどんな楽器でも必ずも必要です。
そこしづつ勉強していきましょう。

次をお楽しみに!

 

(2018年6月3日(日) 0:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

大阪のライブハウスなどで活動中。ドレミから曲演奏、アドリブ演奏まで

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

セットリスト You And The Night And The Music ピアノトリオ Wave フルートカルテット Meditation ...

このシリーズその3で具体的な曲を決めて進めていきますと言いましたが、その前にお話ししなければならない事を挙げさせて頂きます。 スケールの調号で使われるコードです。 コードはそのスケールの音を基本にして作られます。それをダイアトニックコードと呼びます。 Cメジャーのスケールは、ドレミフ...

音を吹き始めたらすぐに初心者か経験者かが大概分かりますね。誰もが艶のあるいい音を出したいはずです。 なぜいい音が出ないのでしょうか。その条件が整っていないからですね。 それってどんな条件でしょうか。 ①扱いやすいマウスピースを選んでいるか。 開きが大きいものは、コントロール...

その1ではコードの勉強の必要性をお話ししました。 これから本を開いて勉強するにしても、楽器を持って練習するにしても時間を必要としますので、なぜその勉強あるいは練習が必要なのか出来るだけ説明をし、その必要性を納得して頂けるよう頑張っていきます。 アドリブの構成(アルトサックスの教室ですの...

アドリブの勉強、練習方法って分かりにくいですよね。 この本一冊読むとアドリブの方法がわかるっという本を私は知りません。 私はいろんな本を読み漁りました。それでなんとかその体系が分かるようになりました。 ここでは、ジャズのアドリブが出来るようになるためのお助けができれなと思って、継続し...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アルトサックスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ