全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス北海道 札幌サックス教室 “ゴーシュ” スクールブログ シングル・タン...

シングル・タンギング前編(続き)

3ですが、クラシックや吹奏楽をなさっている方は基本的に楽譜の指示に従えば良いです。ジャズやポピュラーなどの楽譜はスラー表記が無いものが多いので、自分でタンギングする音を考えていかねばなりません。こちらについては表現の領域ですのでまた別の機会に触れます。

タンギングがわからなかったり、自信のない方は先ず2を練習しましょう。任意に一音選び、息を素早く吸います。吸い切った時に、舌先より少し上の部分をリードに付けます。(高速タンギングを舌先で行う場合もありますが、基本的に舌先は常に下歯の裏に付けておいてください)
舌がマウスピースとリードをしかり閉じた状態で息を入れようとし、息の詰まる感じ(タメ)を確認したら舌を離してみてください。

この一連の舌や動きや息の流れがわからない方は、以下のいずれかをイメージしながらやってみると良いでしょう。

A,遠くにいる友人に気付いてもらうため、大声で友人の名前を呼ぶ。(タ行の苗字や名前)

B,恥ずかしかったが、人前で、お笑いのオードリー春日の「トゥース」を本人になりきって堂々とキメた。

この続きはまた次回に。

 

(2010年3月16日(火) 0:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

吹奏楽部の顧問も担当した元教師!アルト・ソプラノ対応OK

札幌サックス教室 “ゴーシュ”
佐藤智文 (アルトサックス)

札幌・大通・東札幌・南郷18丁目・すすきの・澄川・栄町・新道東・月寒中央・福住

ブログ記事 ページ先頭へ