全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス北海道 札幌サックス教室 “ゴーシュ” スクールブログ シングル・タン...

シングル・タンギング前編

サックスの上手い人はタンギング技術が優れていることが多いです。

タンギングの種類にはシングル、ダブル、ハーフ、フラッター、スラップなどがありますが今回は最も基本的なシングルタンギングについて触れたいと思います。

タンギングを用いるべきシチュエーションは次の三つです。※( )内はタンギングする目的。

1,同じ音程が二回以上連続する時の二回目以降(音を隔てるため)

2,ブレス直後の最初の音(良いタイミングでフレーズを始めるため)

3,スラーの最初の音およびスラーが付いていない音(アーティキュレーションに変化をつけ表現を工夫するため)

1に関してはすぐ思いつく方も多いと思いますが、レッスンを受けたことがない方や教本を読まずに我流で練習している方の中に、たまにではありますが、息で「フッ・フッ・フッ」と切ってしまっている方がおりますので、必ず「トゥートゥートゥー」のように舌を使って音を隔てましょう。タンギング自体にはスタッカートのような音を短くする意味はないことを確認してください。

意外と重要なのが2です。サックスを吹き始めようと、息を吸い切ってお腹に力を込めた時、舌はどうなっていますか?この時に息を溜めるべく、舌をリードに付けなくてはなりません。付けただけではまだ不十分で、思い通りのタイミングでスムースに勢い良く発音するためには、舌を付けることで閉じているマウスピースとリードに向けて息を入れようとすることが必要です。当然音は出ず苦しいですね? これを息のタメと呼ぶことにいたします。発音する直前に息のタメが無い方は出音が遅れたり、ぶっきらぼうな絞まりの無い音になりやすいです。タンギングが大事と思っていても発音と同時についでに舌をつけるのはタンギングではありません。息のタメを意識してみましょう。

 

(2010年3月16日(火) 0:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

吹奏楽部の顧問も担当した元教師!アルト・ソプラノ対応OK

ブログ記事 ページ先頭へ