全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス北海道 札幌サックス教室 “ゴーシュ” スクールブログ 大きい音を出す...

大きい音を出すためのヒント

生徒さんから「大きい音を出すためにはどうしたら良いですか?」というご質問をいただきました。

これはサックスを吹く皆様に気にしていただきたい点でもありますので、このブログで触れたいと思います。

サックスが上手いと言われる方は音が大きいことが多い気がします。ただ間違って欲しくないのは、決して怒鳴り声のような近鳴りではない、ということです。

豊かな響きでサックスを遠鳴りさせるには、下記の点について考えてみてください。

◆基本姿勢
両足の踵がしっかり床についていることで、お腹に力が入ります。鏡を見て首が左右いずれかに傾いていないか確認してみてください。息の通り道である首をスッと真直ぐ伸ばし、前後に傾けない。両肩を上げず、なるべく後方に置いて肺部を広げてみてください。
猫背はNGですが猫腰はOK。
◆アンブシュア
両唇に少しでも柔らかさを残すよう努力すること。舌の根元をしっかり下げないと息の流れが悪くなります。中・低音域は特に喉を広げてください。玉子が舌の上に縦に乗っているイメージです。
◆バイトポイントとチューニングポイント
上歯の位置が浅すぎれば大きな音は望めません。またマウススピースをネックコルクのどの位置まで差すかですが、実はチューニングのためだけではないのです。現在の位置からプラスマイナス5mmぐらいの範囲を1mm単位で、吹き比べてください(同じ音を同じ息で)。必ず良く鳴るポイントがあります。できれば一番良く鳴ると感じるポイントまで差して吹き、音程はアンブシュアで正すように心がけます。
◆音の焦点化
空間の広さとその空間を囲む天井・床・壁の材質で響きは化けます。空間に惑わされないないよう、常に音の遠達性を求めてください。どこまで飛ばすのか、どの点に到達させるかも意識してください。(これが音の焦点化《フォーカス》です)低音ほどつい息の量を重視しがちですが、スピードも落とさないようにしましょう。
◆小さい音のコントロール
大きな音でばかりロングトーンするのではなく、小さな音でフラフラせずに真直ぐ伸ばせるようにしましょう。

以上の点を音ごとに見直してみてください。ダイナミクスレンジを広げることは表現力の向上にもつながり、サックスを吹くことがさらに楽しくなりますよ!

 

(2010年2月25日(木) 13:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

吹奏楽部の顧問も担当した元教師!アルト・ソプラノ対応OK

ブログ記事 ページ先頭へ