全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

60分あたり4,300円〜の
低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス愛知 堤歩実サックス教室 スクールブログ 【後悔しない!...

【後悔しない!サックス選び】初心者さんへのおすすめは?

前回までの記事では、“絶対に選んではいけないサックス”についてご紹介してきました。

では、あなたの買うべき一本はどんな楽器なのでしょうか?

それはあなたが、

・どのような場面で使いたいのか
・どれぐらいの予算なのか
・何のジャンルで使いたいのか
・どんな環境で吹く予定なのか

によって、おすすめは変わってきます。


楽器の選び方は考え方ひとつですし、求める物、重視する点は一人ひとり違います。

そのため残念ながら、ここでご要望を聞かずして「絶対これがいい」とは言えません。

あくまで、これなら買って後悔はしないというものをご紹介しますので、
サックスを選ぶための予備知識として、参考程度にみていただければと思います。



【良い楽器ってどんな楽器なの?】

いざ楽器を選ぶにしても、❝どんな楽器が良い楽器なのか❞というのを知らなければ選びようがありません。

一言で言えば、“鳴りが良い楽器”。これが良い楽器です!

具体的には、

・音程がいい
・音色がいい
・音量の変化がつけやすい
・レスポンスがいい
・低音から高音までバランスが良い

ということであり、選定の際のポイントにもなります。

以上の良い楽器の基準が分かったところで知っておきたいのが、
この基準を予め満たしているサックスメーカーと、そうでないメーカーがあるということです。

最初から基準値が高いものを作っているメーカーのサックスを買えば、
もちろんその中でも当たりはずれはありますが、間違いはありません。

サックスを購入するなら知っておきたい予備知識として、ぜひそのメーカーを頭に入れておきましょう!



【知らないと恥ずかしい!サックス三大メーカー】

サックス吹きなら知っておきたい、サックスメーカーの三大御三家。

自動車のようにサックスにも、世界のサックス界を牽引している三大メーカーがあるんですね。

このメーカーが作るサックスは、基準値も高ければ楽器のポテンシャルも高いです。


その三大メーカーとは、

・SELMER セルマー(フランス)
・YAMAHAヤマハ(日本)
・YANAGISAWAヤナギサワ(日本)

の3つです。

この3大メーカーの中でも、入門機種から上位機種まで様々な価格帯があります。

もしこの3大メーカーの一番低価格の機種と、他のメーカーのもので価格が同じなら、
絶対に前者の購入をおすすめします。



それぞれに、素晴らしい特徴・サウンドを持つ三大メーカーのサックス。

では、この三大メーカーにはどのような違いがあるのでしょうか。


〇SELMER セルマー(フランス)
サックスの最高峰とも言われるセルマー社のサキソフォン。
サックスの発明者であるアドルフ・サックスの会社を買収したため、生みの親から後継した伝統と、先進の技術を持ったメーカーです。
ジャンルを問わず世界的にかなり評価が高く、ヴィンテージサックスは100万円を越すのは当たり前で売られています。
安くても40万円程度と価格は高いですが、どこに行っても通じる抜群の所有感とブランド力があります。


〇YAMAHAヤマハ(日本)
世界唯一にして最大、あらゆる楽器を手がける総合メーカーYAMAHA。
三社の中では最も音に癖が無いので、音が混ざりやすく学生からプロまで愛用しています。
ラインナップが豊富で、ランクによって価格と機能が分けられます。
入門機種「YAS-280」は、海外の自社工場製パーツを輸入し日本で組み付けるという画期的な方法で、価格を10万円程度に抑えることに成功しています。
このモデルはコストパフォーマンスに優れており、初心者の方にもおすすめです。


〇YANAGISAWAヤナギサワ(日本)
日本が誇るハンドメイドの国産メーカー。
東京都板橋区の工場で造られています。
真鍮製、ブロンズやシルバーなどの金属を管体に使った機種もあるため、音が特徴的。
完全にハンドメイドのため個体差が大きいですが、プレイヤーによって全く異なる音が出るのも魅力です。
価格帯は30万円~40万円程。
個体によってバラつきがあるので、必ず試奏して購入する必要があります。
吹奏楽よりもジャズやフュージョン、ソロで目立ちたい方に支持されている印象です。



以上のように、三大メーカーそれぞれ持ち味があり、自分のやりたいイメージや好みに合ったメーカーを探すのも楽しいものです。

上級者の方でも、改めて普段使っているサックスとは違うメーカーのものを吹いたりすると、思いがけない発見があり面白いですよね!

この三大メーカーのサックスなら、大事に使えば間違いなく一生のパートナーになってくれる楽器です。

また、修理や調整の際にも、この三大メーカーのサックスならば機種に関わらず、問題なく対応してくれるので安心です。



【買って損はないおすすめ楽器はコレ!】

初心者さんの初めての楽器におすすめなのが、やはりヤマハの入門機種「YAS-280」。

紹介文にもある通り、本当にコストパフォーマンスに優れた楽器で、上達しやすいです。

ただ、前述したようにご要望によっておすすめは異なるので、これはあくまで参考程度に。

自分に合った楽器は何か?と悩んでいる方は、サックスの上級者の方にご自身の要望を伝えて相談されるのが一番です。

これからレッスンを受けようと思っている方で、まだ楽器を持っていない方はぜひ一度ご相談下さい。

体験レッスン申し込みのフォームから、いつでも質問お待ちしております!



それでは、次回はサックスをどこでどうやって購入すればいいのか、
あなたの運命の1本を選ぶ方法をご紹介いたしますね!

 

(2017年8月6日(日) 19:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

母校吹奏楽部で後進指導も!親しみやすい先生と“出来ない”を“出来る”に

堤歩実サックス教室
堤歩実 (アルトサックス)

名古屋・鶴舞・千種・勝川・春日井(JR)・栄・今池・覚王山・東山公園・八事・茶屋ヶ坂

ブログ記事 ページ先頭へ