全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス北海道 札幌サックス教室 “ゴーシュ” スクールブログ リガチャーの話...

リガチャーの話 後編

リガチャーを試す際、先ずは現状からどんな変化があったら嬉しいか考えてみましょう。

音質の明暗、吹いた時の抵抗感の強弱、音量の大小、ピッチの安定、ファズがかかりやすい、フラジオがあたりやすい、サブトーンが出しやすいなど求める具体的変化を一つは思い浮かべてみましょう。

苦手な奏法がリガチャーを替えることでやりやすくなったら楽しいですよね?

ただ思い浮かべた変化が得られても、それ以外が現状より劣る場合も考えられます。トータル的にプラスになっているかよく吟味してください。

気をつけなければならないのは、お使いのマウスピースに全てのリガチャーが合うとは限らないことです。
アルトサックスのメタルマウスピースにソプラノサックス・ラバー用のリガチャーが合うということもあります。また具体的にメーカーを指定して(例えばメイヤー用とかオットーリンク用)出ているものが他のメーカーのマウスピースに合うことがあったりします。時間の許す限り、サイズのマッチングを数多く試すよう心がけましょう!

それから忘れちゃいけない、気になる予算ですが、ボワやロブナーなど2千円、3千円台からアトリエ・モモのような3万、4万というものまでさまざまです。ある程度予算を決めてから試奏しに行かないとなりませんね。

枚挙にいとまがないのですが、最後に私が良い印象を強く感じているリガチャーを幾つか挙げておきますので参考にしてみてください。

ブルズアイ、ウッドストーン、BG、モモスペシャル、B.AIR、パラスコス、ウィンスロー、サクザス、フランソワ・ルイ…。

パッと思いつくものを挙げてみました。


道具についての話が続いているので、次回は道具以外のお話ができたらと思っています。

 

(2009年12月25日(金) 9:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

吹奏楽部の顧問も担当した元教師!アルト・ソプラノ対応OK

札幌サックス教室 “ゴーシュ”
佐藤智文 (アルトサックス)

札幌・大通・東札幌・南郷18丁目・すすきの・澄川・栄町・新道東・月寒中央・福住

ブログ記事 ページ先頭へ