全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス兵庫 一輝アルトサックスセミナー スクールブログ 脱力は良い音を...

脱力は良い音を出す為のマストアイテム

とても久しぶりのブログ更新になります。
やっと少しずつ春の兆しが見えてきましたね!花粉とか……花粉とか!泣


今まで発症してこなかったのですが今年遂に少しずつ喉がイガイガしてきてしまいました。。花粉かpm2.5かわかりませんがビビってます。。。


そして、今回の記事の本題ですが、←唐突に
最近自分の口の形、息の回し方、流し方を改めて考えてみる時間を取るようにしています。


どれくらい深くマウスピースを咥えて、唇のどこにリードを当てて、口全体のどこにプレッシャーをかけて、舌のつき方はこうして、などなど音を出すのに考えることはたくさんありますが、今回はそれより更に根本である「息」に関して今回は書いてみたいと思います。


ライブや人前で演奏経験がある方はお分かりになると思いますが、初舞台などとても緊張した場面の際には練習で出していた音が思うように出ない時があるかと思います。
その原因の大部分は、過度の緊張による力の入り過ぎによるものが関係しています。


息を入れ過ぎてしまうとマウスピースとリードが受け止めきれるキャパシティを振り切ってしまい天井にぶち当たったように一気に音の響き、音量が逆に失われてしまいます。
口も力み過ぎるとリードミスしてしまったりします。


「大きい音を出したい」「のびやかな音にしたい」「ロングトーンがブレないようにしたい」こんな悩みの時こそ、力を抜く事に意識を持ってみてください。

身体のこわばりを解き、肩の力を抜き深呼吸をする。そして温かい太い息を楽器に向けて放出する。
この時に腹筋や背中などの体幹、口には常に程よいプレッシャーを持たせます。

大きい音だろいと小さい音だろうと体幹にしっかりした支えがないと音を安定して維持する事は出来ません。肺より上だけで音を出していると音程が不安定になったり音がよれたりしてしまいます。

みんなに音を届ける舞台でこそ、書いてきた内容を思い出してみてください。

しっかりした支えを保ち脱力した太い息を送ると自然に楽器も心地よい響きで鳴ってくれます(*^^*)




そして、大きい音を出せた方々のもう一つ大切な練習として、「極限まで小さい音を一定に伸ばす」練習も取り入れてみてください。
これをやってみた方は気づくと思いますが消えるか消えないかの音量を安定して保ち続けるのは大きい音を出す何十倍も難しい事です。

しっかりしたお腹まわりの支え、口のプレッシャー、全てがバランス良く機能しないといけない練習です。「楽器が上手いやつは小さい音が上手い」とよく言われます^ ^

全ての音をバランスよく鳴らせられるようにじっくりと磨いていきましょう

写真は僕の現在の愛機達です!
soprano:cannonball ice black ”raven”
alto:selmer mark vII

脱力は良い音を出す為のマストアイテム

(2017年3月23日(木) 15:34)

前の記事

この記事を書いたコーチ

バンドで海外フェス参加も!歌心を大切に、正しい奏法やアドリブのコツまで

一輝アルトサックスセミナー
在間一輝 (アルトサックス)

梅田/大阪・尼崎(JR)・芦屋・住吉・六甲道・三ノ宮・朝霧・西宮北口・尼崎(阪神)

ブログ記事 ページ先頭へ