全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス埼玉 saxophone schule スクールブログ ドイツのジャズ...

ドイツのジャズってどんなん!?

まだまだ残暑は厳しいですが、日が暮れるとずいぶん涼しくなって秋を感じずに入られませんね。
テレビを見ていたら「年末商戦に向かって・・・」なんて言葉も。。
私としては一日一日をもっと噛み締めて過ごしていきたいと思ってます。

今日はドイツのジャズに付いて少し。

ドイツのジャズの中心はやはり首都ベルリン。
ベルリンのミュージシャンのみんながみんなそうだとは言えませんが、
「ベルリンスタイル」なんて呼ばれているジャズがあるのは確か。

どんな感じかというと、フリーインプロヴィゼーションと現代音楽をジャズ流に解釈したとでもいいましょうか。
形が無いようでしっかりフォームやコード進行が存在します。
演奏スタイルは激しい物もありますが、基本的にはクールで美しい音色や響きにこだわりを感じるバンドが多いです。
あとはエレクトロや色んなジャンルの要素を割と積極的に受け入れていますね。

演奏スタイルは日本のと本当に、ビックリするくらい違いますね。
ですので日本に一時帰国で帰って来た時とか友達の演奏を聴いて、「黒い!!」って思いましたね(笑)
黒いっていうのはファンキー、要するに黒人の音楽っぽいってことですが、
日本のスタイルはとてもアメリカに影響を受けているのでやっぱり「黒い!」です。

僕のスタイルはちょうどその中間くらいでかすね(笑)



 

(2009年9月6日(日) 19:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドレスデン音大卒!ドイツで磨いた本物の技術を日本で習得!

ブログ記事 ページ先頭へ