全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス兵庫 一輝アルトサックスセミナー スクールブログ そのドの音、正...

そのドの音、正しいドですか??

みなさんこんにちは!

2回目の投稿になります。結構な長文になってしまいましたのでお時間ある時にどうぞ汗


今日は僕がサックスを演奏する上でモットーとしている「歌心のあるサックス」についてお話したいと思います。


今回はアドリブやメロディなどで歌心を出す、という記事ではなく、正しい音程を使えるようになる為の記事ということでいきましょう!


サックスを吹く上で陥りやすい落とし穴、それは「ドの指をすればドの音が出る」という固定観念だと思います。


(※今回は説明を分かりやすくする為に固定ド、移動ドの話は省き、ご自分でお持ちのサックスの運指表上のドということにします。)



確かに運指が決まっている以上、指定の指をすればその音の周辺の音は鳴ってくれますが、実はサックスは口の使い方によっては同じ指でも半音以上音が変わってしまうのです!恐ろしい……汗



ビギナーの方は口の形もまだ確立されてないので正しいピッチをこの段階で知っておかないと楽器を吹けるようになってもいわゆる音痴なサックスになってしまいます。

たまにセッションなどでバラードなどの曲を良い音でエロく吹かれているのですが音程がどうにも……という方をたまに拝見します。非常ーーーにもったいないです!⇦※僕も始めたての頃まあ音痴で直すのに大変でした汗


キーボードのように、鍵盤を押せばその正しいピッチ(音程)が出る楽器に対して、管楽器や弦楽器など自分でピッチを操作しなければならない楽器を「作音楽器」と言います。⇦これウンチクです!みんなに自慢しましょう!笑



つまり、正しい音程を持つサックス、ひいては歌心のあるサックスを目指す為にはしっかりと自分でその音のイメージを持って音を出すことが非常に重要になるわけです。



まずはキーボードなど正しい音程がなる楽器を使いその指に適合した音を鳴らし、(S.saxT.saxの方は指をドにする場合はキーボードのシ♭、A.saxB.saxの方は指をドにしたらキーボードはミ♭)その音をまず口で歌ってみましょう。その後で音をしっかりイメージしたままサックスで音を出してみましょう。


自分では合ってるように聴こえてもスマホのボイスレコーダーなど録音機器を使って自分の音を比較してみると結構違ったりするのでそれを少しずつ口や喉などを使って修正していってみましょう。極端に違う場合はマウスピースがネックに入りすぎ、又は入ってなさすぎの可能性もあります。


自分の音がキーボードの音に対して高いのか
低いのかわからない!という方はまずは自分が今吹いている音から口を緩めて思いっきりピッチを低くしてみましょう。低いというのはこういうことか!!というのがわかると思います。

後は販売してあるチューナーを使うことも始めたての頃は大切ですね^ ^


最初は結構コツがいるんですが少しずつ積み重ねることで音痴なサックスを脱却することができます!



例え難しいことが出来なくても、しっかりとした音程で1音パァーーン!と出すだけでめちゃくちゃかっこいいサックスになります。


〜まとめ〜
・管楽器は自分でピッチを操作しなければならない作音楽器である

・サックスで吹く前にまず正しい音を口で歌い、それをしっかりイメージした上で音を出す

・録音機器などを使って自分で音を確認するのが非常に効果的


こんな長文最後まで読んでくださった方々本当にありがとうございました泣



気持ちいい!と思う音を目指して楽しくサックスやりましょう( ^ω^ )

 

(2016年7月11日(月) 13:50)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンドで海外フェス参加も!歌心を大切に、正しい奏法やアドリブのコツまで

一輝アルトサックスセミナー
在間一輝 (アルトサックス)

梅田/大阪・尼崎(JR)・芦屋・住吉・六甲道・三ノ宮・朝霧・西宮北口・尼崎(阪神)

ブログ記事 ページ先頭へ