サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス兵庫 一輝アルトサックスセミナー スクールブログ 「…ビッッ!!...

「…ビッッ!!」って鳴りませんか?

こんにちは。

初投稿になります、

改めまして在間 一輝(ザイマ カズキ)と申します。みなさんよろしくお願いいたします!


さてさて、今回は初投稿ということで、音を出す時に気をつけておきたい事をお話ししたいと思います。


よく初心者の方に音を出すアドバイスをする際に「上の前歯をマウスピースに当てて支えて下唇を巻いて…」というフレーズをよく聴きますが、これだけではどうしても口の形が横に広がってしまう方が多く見受けられます。(母音でいうiやe)

この状態で最初から思いっきり息をいれると、タイトル通り「……ビッッ!!」というけたたましい音が炸裂してみんなを驚かせた挙句、周りを変な空気にしてしまいます(震)


口が横に広がった状態で音を出そうとすると、息漏れをしたり余計な力が加わったり、ペラペラな薄い音が出たりと、非効率的なクセが付いてしまいます。


ここでアドバイスをする際にもうひとつ僕が付け加えたい言葉は、「輪ゴムをマウスピースに引っ掛けるように、360°にまんべんなく力をかけて」というフレーズです。



これを意識することによってiやeに寄っていた口がuやoに近くなります。

このu、又はoの口を維持することがサックスを吹く基礎の中ではとても大切なポイントになってきます。

その状態を維持したまま、fuuuuuやhooooという温かい息を入れてあげること。そうすればきっとみなさんがサックスにイメージする温かく煌びやかな音にグッと近くなるはずです。


音が薄くてかっこいい音が出ない。どうしてもリードミスしてしまう。息漏れしていてすぐ息が足りなくなってしまう。等、ある程度音が鳴る方もこのイメージを再確認して吹くとたちまち解消する問題がたくさんありますので、気になった方は試してみてください^ ^


実践してみたけど、結果よくわからないという方は是非一緒に練習してみましょう(・ω・)ノ

〜まとめ〜

・口が横に開いたiやeの口での練習はとても非効率的で悪い癖がついてしまう第一歩。

・「輪ゴムを引っ掛けるように」全方位から力を加えて、温かい息をイメージして吹く。

・常に「力まず」リラックスした状態で。


今後も何か少しでもサックスをすることが楽しくなるような情報をお伝えできればと思います!それでは。




 

(2016年7月6日(水) 13:03)

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンドで海外フェス参加も!歌心を大切に、正しい奏法やアドリブのコツまで

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

とても久しぶりのブログ更新になります。 やっと少しずつ春の兆しが見えてきましたね!花粉とか……花粉とか!泣 今まで発症してこなかったのですが今年遂に少しずつ喉がイガイガしてきてしまいました。。花粉かpm2.5かわかりませんがビビってます。。。 そして、今回の記事の本題です...

久しぶりの投稿になります! 実は先月末より、自身のバンドが音楽フェスに出演することになりまして1週間程韓国に行って参りました 数百人を超えるミュージシャンと濃密な時間を過ごせて自分も心機一転。より音楽に、サックスに対する想いが強くなりました。 そこでたくさんの国の人々とセッ...

みなさんこんにちは! 2回目の投稿になります。結構な長文になってしまいましたのでお時間ある時にどうぞ汗 今日は僕がサックスを演奏する上でモットーとしている「歌心のあるサックス」についてお話したいと思います。 今回はアドリブやメロディなどで歌心を出す、という記事ではなく...

こんにちは。 初投稿になります、 改めまして在間 一輝(ザイマ カズキ)と申します。みなさんよろしくお願いいたします! さてさて、今回は初投稿ということで、音を出す時に気をつけておきたい事をお話ししたいと思います。 よく初心者の方に音を出すアドバイスをする際に「...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アルトサックスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ