全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス兵庫 一輝アルトサックスセミナー スクールブログ 「…ビッッ!!...

「…ビッッ!!」って鳴りませんか?

こんにちは。

初投稿になります、

改めまして在間 一輝(ザイマ カズキ)と申します。みなさんよろしくお願いいたします!


さてさて、今回は初投稿ということで、音を出す時に気をつけておきたい事をお話ししたいと思います。


よく初心者の方に音を出すアドバイスをする際に「上の前歯をマウスピースに当てて支えて下唇を巻いて…」というフレーズをよく聴きますが、これだけではどうしても口の形が横に広がってしまう方が多く見受けられます。(母音でいうiやe)

この状態で最初から思いっきり息をいれると、タイトル通り「……ビッッ!!」というけたたましい音が炸裂してみんなを驚かせた挙句、周りを変な空気にしてしまいます(震)


口が横に広がった状態で音を出そうとすると、息漏れをしたり余計な力が加わったり、ペラペラな薄い音が出たりと、非効率的なクセが付いてしまいます。


ここでアドバイスをする際にもうひとつ僕が付け加えたい言葉は、「輪ゴムをマウスピースに引っ掛けるように、360°にまんべんなく力をかけて」というフレーズです。



これを意識することによってiやeに寄っていた口がuやoに近くなります。

このu、又はoの口を維持することがサックスを吹く基礎の中ではとても大切なポイントになってきます。

その状態を維持したまま、fuuuuuやhooooという温かい息を入れてあげること。そうすればきっとみなさんがサックスにイメージする温かく煌びやかな音にグッと近くなるはずです。


音が薄くてかっこいい音が出ない。どうしてもリードミスしてしまう。息漏れしていてすぐ息が足りなくなってしまう。等、ある程度音が鳴る方もこのイメージを再確認して吹くとたちまち解消する問題がたくさんありますので、気になった方は試してみてください^ ^


実践してみたけど、結果よくわからないという方は是非一緒に練習してみましょう(・ω・)ノ

〜まとめ〜

・口が横に開いたiやeの口での練習はとても非効率的で悪い癖がついてしまう第一歩。

・「輪ゴムを引っ掛けるように」全方位から力を加えて、温かい息をイメージして吹く。

・常に「力まず」リラックスした状態で。


今後も何か少しでもサックスをすることが楽しくなるような情報をお伝えできればと思います!それでは。




 

(2016年7月6日(水) 13:03)

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンドで海外フェス参加も!歌心を大切に、正しい奏法やアドリブのコツまで

一輝アルトサックスセミナー
在間一輝 (アルトサックス)

梅田/大阪・尼崎(JR)・芦屋・住吉・六甲道・三ノ宮・朝霧・西宮北口・尼崎(阪神)

ブログ記事 ページ先頭へ