全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス愛知 TAK・サックススクール スクールブログ スランプについ...

スランプについて

今日、近畿・東海地方は梅雨明けしたようです。
例年よりかなり遅い梅雨明けでしたね。
さて、8月に入り吹奏楽コンクールも地区大会が終わった頃かと思います。

上位大会へ進んだ方、残念ながら地区大会で涙を飲んだ方・・・色々いらっしゃるかと思います。

いずれの結果にせよ、それぞれ講評をもらってバンドの課題がわかったのではないでしょうか?
それを自分自身に当てはめて、どうやってこれから練習して行ったらいいのかを考えていきましょう。

結果をみて、特に上位大会へいけなかった人はスランプに落ち込んだ人もたくさんみえると思います。

スランプに落ちたときどうしたらいいかを今日は書いてみたいと思います。

まず、細かいことは抜きにして、自分が理想としているプロの演奏をたくさん聴いて見ましょう。
そしてその音色を自分のイメージの中にしっかり焼き付けて置いて下さい。

基礎練習をするとき(特にロングトーン)にそのイメージした音色を出してみようと思いながら吹いてみてください。
すぐには同じ音色は出せないと思いますが、何度も繰り返していくうちに少しずつ近づいていくと思います。
その間も車の中や家に帰ったら自宅で何度もイメージした演奏を聴くのです。

地道なようですが、意外とこれが効果的だったりするのです。

音色がある程度変わってきたら(理想まで行かなくてもかまいません。今までの自分の音色と変わってきたのがわかればOKです)今度はその演奏のアーティキレーションをよく聴いてみましょう。
それも真似してみるのです。
モノマネをする芸能人は元の芸能人のビデオをひたすら穴があくほど見て研究するのだそうです。

音楽だって同じことです。
まず自分の理想とするプレイヤーの音やフレージング、タンギング等を真似してみることからはじめることです。

そうすることで、きっとアナタの演奏力は飛躍的にUPするはずです。

それでもどうにもならない方・・・僕の体験レッスンを受けてみてください(笑)

大会がひと段落した今が一番それぞれに課題が見つかって、質問しやすい時期だと思います。
残り1ヶ月の夏休み、ひと夏の経験(古いなあ・・・今の学生さんにはわからないですね・・・意味はお母さんに聞いてみてください)として実りの秋へ向けてチャレンジしてみてくださいね

 

(2009年8月3日(月) 22:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

ブログ記事 ページ先頭へ