全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス愛知 TAK・サックススクール スクールブログ 楽器選び(その...

楽器選び(その2)

梅雨に入ったような、入らないような天気になっていますが、みなさん楽しくサックスを吹けていますか?

この時期は、リードや楽器に影響の出やすい季節ですので、注意が必要です。

まさかとは思いますが、リードにカビがはえてしまったりしてませんよね?(笑)

管の中(ネックも含めて)練習・演奏後は必ずスワブを通して水分を取って置いて下さい。

さて、以前のブログにも書きましたが、今回は楽器選びについて更に詳しく書きたいと思います。

サックス一つとっても、楽器はピンからキリまでありますよね?
高価な楽器、有名ミュージシャンが使ってる楽器、先輩や学校の先生に勧められる楽器・・・仕上げも、ゴールドラッカー、シルバープレイト、ゴールドプレイト、プラチナプレイト、最近ではつや消しのサテンっぽいサックス、更にはピンクのサックスなんていうのも発売されています。

では、みなさんにとって、どんな楽器が最適なのでしょうか?

まず、当然ですが予算があります。
いくらくらいなら出せるのか?
次にどんなジャンルの曲を演奏したいのか?
これによって、ある程度買える楽器が絞られてくると思います。

次に、ご自分に合った楽器を選ぶこと。
車でもそうですが、背の低い方がレーシングドライバーのお勧めする車高の低いスポーツカーを購入しても、前方の視界が見ずらければ、それは宝の持ち腐れになってしまいますよね?
初心者のうちはメーカー問わず、音が鳴りやすく、低音から高音まで無理なく出しやすい楽器がお勧めです。
値段が高いから=いい楽器、更には自分に合った楽器にはならないのです。

逆に体格のいい方には吹きやすい楽器は物足りないかもしれませんので、多少吹奏感に抵抗のある楽器がお勧めです


そして、気をつけなければならないこと・・・
同じメーカーの同じ型番の楽器でも個々にばらつきがあるということを忘れないようにしてください。
よく、通販で安売りをしている楽器店さんがありますが、僕は正直怖くて買えません。
なぜなら、自分で吹いてもいない楽器に、高いお金を払って購入するのは不安だからです。
クーリングオフできるお店も多いですが、返品の際の送料はこちら持ちですし、万が一輸送中の事故があった場合のことを考えてもあまりお勧めできません。

また、購入後サックスは定期的に調整が必要になります。近くのお店なら持ち込むこともできますし、購入したお店なら格安で(場合によっては無料なんてことも)修理・調整してくださいます。

洋服屋さんでもそうですよね?
普段着ならネット通販で購入することが多いでしょうけど、ここぞと言うときに着る服はやはり自分の目で見て、試着してから購入されますよね?

楽器も安い買い物ではありませんので、本体に限っては通販はお勧めできません。
できれば、管楽器専門店で試奏させてもらえる楽器店での購入をお勧めします。
そういうお店を知らないという方は、愛知県内であれば、専門店をご案内、もしくはご紹介いたしますので、なんでも相談室のフォームからお住い(市町村までで結構です)を教えて頂ければ、ご連絡させて頂きますのでご利用下さい

また、できればプロの選定品を購入されることをお勧めします。
選定品とは、同じ型番のサックスを何本か吹き比べて、お勧めのサックスに対して、選定書をつけて販売しているものです。
プロが選んだものですから、まず間違いはありません。
但し、別途選定料というものが存在します。
安いところでは数千円から有名ミュージシャンですと数万円、楽器本体以外にかかってきます。

そこまで予算がない方でも、上級者の方と一緒に楽器店へ行って選んでもらうのがいいと思います。

僕のスクールの生徒さんで、体験レッスン時には個人で楽器をお持ちでない方もたくさんいらっしゃいます。
というのも、サックス未経験者の状態で体験レッスンにお越しくださるからです。

体験レッスンで僕の楽器をお貸しして吹いて頂き、これなら続けていけそうだとご納得頂いた上で、入会頂いております。

その方たちは入会後に僕の行きつけの楽器店へ僕と一緒に行って楽器を購入されています。
僕の行きつけのお店なので、定価より割引してもらって購入いただいております。
その際に僕は、選定料は頂いておりません。
それよりも少しでも安く楽器を購入して頂き、余った分で楽譜や生徒さんの気に入った教則本、リード等の消耗品代に充てていただいております。
もし、初心者でも吹けるという方には、僕が吹いてから生徒さんにも吹き比べて頂いて、ご自身が納得される楽器を選んで頂くようにしています。


では、どのメーカーの楽器がいいのか?という質問をよく受けます。
国内にはヤマハ、ヤナギサワという2大サックスメーカーがあります。
ヤナギサワについては、1本1本手作りであるということと、サックス専門メーカーということで信頼性が高いと思います。
じゃあヤマハはダメか?というと、そうでもないんですね。
近年のヤマハのサックス製造技術はすばらしいものがあると思います。
須川展也氏がアドバイザーになっていることもあると思いますが、サックスブームであることを意識して、とてもいい楽器を作っていると思います。
アメリカでは昔からjazzサックス奏者であるフィルウッズというプレイヤーがヤマハを好んで使っていらっしゃいます。さすが世界のヤマハですね(笑)

海外ではセルマー、クランポン、カイルベルス、カドソン、IO等いろんなメーカーがサックスを作っています。

これも好みによりますので、試奏させてくれる楽器店を探して、ぜひ吹き比べてみて下さい。

また7月号のザ・サックスという雑誌にテナー21機種吹き比べという記事も掲載されています。(クラッシック・jazz奏者それぞれのコメントが書かれています)
この雑誌は楽器店や大きい書店で購入できますので、よかったら参考にしてみて下さい。

最後に僕の現在の使用楽器を書いておきますので、ご参考になれば幸いです。

ソプラノサックス
ヤナギサワ S−880デタッチャブルゴールドプレイトネック仕様

アルトサックス
H.セルマー S80シリーズ2 (ネックのみ、シリーズ3 ゴールドプレイトを使用。MALTA氏選定品)

テナーサックス
H.セルマー S80シリーズ2 (桜井牧男氏選定品)

マウスピース、リード、リガチャーについては次回以降にまた書きたいと思います。

 

(2009年6月21日(日) 15:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

ブログ記事 ページ先頭へ