全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス東京 サックス教室『フレイムワーク』 スクールブログ 三度の飯よりロ...

三度の飯よりロングトーン!!

こんにちは!講師の正木瑛麻です♪

夏真っ盛りですが、いかがお過ごしでしょうか?
私は、オフの日は昼から雨戸を閉めて、エアコンも切って練習しています!(笑)
余談ですが、私は夏、家で練習する時、絶対に冷房を付けません!
一番の理由は『喉に悪いから』
ヴォーカルさん程ではありませんが、呼吸器使うサックスも、喉の調子が悪いと、調子が出ません(+_+)
特に私は、喉に関しては、結構神経質にしています。

余談が長くなってしまいました。

楽器に限らず、どんな事でも、基礎がシッカリしていなければ、本物じゃないと言いますが、楽器にも勿論、基礎があります。
そして、基礎が本当にシッカリしている人は、何をやっても上手くいく様な部分もあります。
そこで、
『基礎』とは何か?何をやれば良いのか?
と言うことで、今回は『基礎中の基礎』をご紹介♪

『基礎中の基礎?』
ロングトーン!!!
名前の通り、一つの音を長く伸ばす事です。
一見、簡単そうに思えますが、意外と難しい。
ただ、音を伸ばせば良いと言う訳ではなく、
音程、音色、音の揺れ(故意に揺らす場合と、そうでない場合)、強弱、口や腹筋の使い方、呼吸法、など挙げていったら切が無いほど注意点があります。

この注意点を一つ一つ、意識してロングトーンをしていったら、ロングトーンだけで、練習が終ってしまうほど!
それ位、サックス(管楽器)にとって、ちゃんとしたロングトーンをやる事は、重要です!!

ロングトーンをやらないミュージシャンの方も居ますが、私はロングトーンを推奨します!
私自身、ロングトーンにはお世話になりましたし(笑)

最初から、沢山の事を意識するのは、難しいので、最初は『腹筋以外の上半身の力を抜いて、真っ直ぐ音を伸ばす』と言う感じでやってみて下さい♪
(自分のレベルに合った部分を、意識する)

上達する事、間違いなしです!!

 

(2007年8月13日(月) 3:05)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サックスでロックもメタルも!基礎とアドリブ両方であの曲も自分流に

サックス教室『フレイムワーク』
正木瑛麻 (アルトサックス)

横浜・渋谷・関内・自由が丘・新丸子・白楽・池尻大橋

ブログ記事 ページ先頭へ