サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス東京 Fine Sax School スクールブログ 舌ベロマスター...

舌ベロマスターになろー!

 今回はタンギングについてです。タンギングは基本かつ重要なものなので、しっかり身につけて強い味方にしましょう。

 小学校の頃、リコーダーをやっていた方は「トゥートゥートゥー・・」と舌をつかって歯切れよく音を出すことを教わったかと思いますが、基本的にはそれと同じです。
 具体的には、リードの振動を舌の先で軽く触れることで止める→舌を離すことでリードがタイミングよく振動し出す、という一連の流れを指してタンギングといっています。

 舌を動かすときにアゴも一緒に動いてしまわないように注意しましょう。アンブシュアも崩れないように。舌だけを思いどおりに動かすのは意外と大変ですが、ゆっくりでイイので、音程がシャクれ上がったり、ズリ下がったりしないように気をつけながら慣れていきましょう。

 もう1つ、息はロングトーンをするとき同様に、しっかりお腹で支えて一定に保ちましょう。タンギングをするたびに、息が「フッ、フッ、フッ・・」とならないように。息は「フーーーーーー・・」と一定です。
 吹き始めの1音目のタンギングでも、吹いている途中のタンギングでも、ポイントは舌を付ける/離すでリードの振動(音が出るか出ないか)をコントロールするだけで、アンブシュア、アゴの位置、息などそれ以外のところは変化しないということです。

 レギュラーのタンギングの他にも、ハーフタンギングや、スラップタンギング、ダブルタンギングといったものもあり、用途に合わせて使い分けることで表現の幅が広がります。
 また、ジャズなどにおいては「ダー」とか「ドゥー」など濁点がある音を発音するようにタンギングすると、ルーズな感じが出てナイスです。

タンギングが上手く出来て活用されていると、驚くくらいフレーズがイキイキしてきます!!


 

(2007年12月2日(日) 14:14)

前の記事

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

 今回はタンギングについてです。タンギングは基本かつ重要なものなので、しっかり身につけて強い味方にしましょう。  小学校の頃、リコーダーをやっていた方は「トゥートゥートゥー・・」と舌をつかって歯切れよく音を出すことを教わったかと思いますが、基本的にはそれと同じです。  具体的には、リー...

 今回は楽器を吹くということについて書きたいと思います。  サックスは吹奏楽器ですので、コレはもうやっぱり何を差し置いても「吹く」という行為がもっとも重要だと思うワケです。  でも、ある程度容易に音が出せる(とりあえず鳴る)ようになると、メロディーを吹くこと、つまり「指の運動」に多くの...

 一人で練習するとき、どんな練習が上達への近道になるのでしょうか。  練習にたくさん時間をとれる方もいれば、普段はなかなか楽器を吹くのが大変な方もいると思います。もちろんたくさん練習するにこしたことはないのですが、時間以上に、また練習の内容(プログラム)以上に肝心だと僕が思うのは・・・練...

 じつはサックスというのはピッチ(音程)の不確かな楽器です。  たとえばちゃんと調律されたピアノでは「ド」の鍵盤を押せば「ドー」と鳴りますが、サックスでは「ド」の指使いで息を吹き込んでも、かならずしも正しいピッチの「ド」の音はでません。  ちゃんとしたアンブシュア(口の状態)、息の...

 今年は梅雨ナシで夏に突入かとも思いましたが、ここにきてやっと梅雨らしくなってきましたね。夏までもう少し!暑~いの、汗かくのはあんまり得意じゃないけど、なんやかんや言ってやっぱり心躍るなー、夏!  さて、ジャズはモダンジャズ以降、しっとりした夜のイメージが強くなって、あまり夏と結びつきが...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アルトサックスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ