全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス東京 Fine Sax School スクールブログ キャップで愛を

キャップで愛を

 練習中などのちょっとした空き時間(吹いてない時間)、ちゃんとマウスピースにキャップしてますか?

 サックスは繊細な楽器ですが、とくに「リード」は丁寧に扱いましょう。見てのとおり先端はとても薄くて、ちょっと変な接触をするとスグに割れてしまいます。
 
 リードは自然の物を加工しているので個体差があります。その何枚かに1枚は「コイツぁーサイコーだー!」っていう逸材もいるのです。
 たとえば誰かが、ちょっとしたときに無意識に衣服などにリードをガサガサと接触させてるのを見ると、「あ~~、アイツ(あのリード)は逸材かもしれないのに・・」と切ない気持ちになります。

 そうは言っても僕自身、ダンスミュージックや激しい曲調のライブでは、勢いあまってガガッと衣服でリードをひっかけて割ってしまったことも過去にはあります・・。もしかしたらそれを見ていた誰かを、「あ~~、アイツは逸材かもしれないのに・・」という切ない気持ちにさせてしまったかもしれません・・。そんなときは反省し、心の中でリードの墓をたてて供養します。

 ちょっとガサツな方も、ここはひとつ愛をもって楽器をあつかってあげましょう。そうすれば、きっといつか素晴らしい音で鳴ってくれるはずです。楽器の愛し方(ケアなど)についても、たびたび触れていきたいと思います。

 あ、いわずもがなですが、楽器をうっかり落としたりすると、楽器にとって致命傷になりかねないので要注意です。とくにフックでひっかけるだけのストラップをお使いの方は気をつけてくださいね。



 

(2007年5月21日(月) 20:56)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

Fine Sax School
高野はるき (アルトサックス)

立川・西国分寺・吉祥寺・国分寺

ブログ記事 ページ先頭へ