サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス東京 Fine Sax School スクールブログ 効率のイイ練習...

効率のイイ練習!

 上達するにはやっぱり練習をするしかないのですが、「練習時間がとれない!」「集中力が持続しない!」「はやく上手くなりたいのになかなか・・」ということはよくあると思います。

 そこで大事なのが「効率のイイ練習」です。

 時間があって毎日何時間もかけて練習しても、漫然とした練習では、かけた時間の半分も身になっていないんじゃないかと思います。
 もちろん長い時間楽器に触っているということは「楽器に対する慣れ」という意味ではとてもよいことです。しかし、「上手くなる」ということでは、重要なのは時間よりも頭の使い方です。何にでも言えることですが。


 例えば、テレビなんかでもたまにやってるけど、一枚の絵を30秒とか一定時間見て記憶して、その絵に何が描かれていたのかを後で答えるようなテストありますよね?

 あれ、テストだって言われてるから、30秒って短い時間だけど必死になって憶えて、ある程度は記憶できますよね。
 でも、テストでもなんでもなかったとしたら、何の興味もない絵をボーッとしばらく見ていても、なんとない印象しか記憶に残らないでしょう。

 これは同じ対象を見ていても、時間にかかわらず、どれだけ意識を傾けているかがポイントになっているということです。
 もっと言えば、そのテストで30秒間でより多くの情報を記憶できる人というのは、とても頭の使い方が上手い=効率がイイ人だということです。


 楽器の練習も一緒で、短い時間でも、自分でポイントを決めてしっかりそこに意識をむけて取り組めば、効率のイイ練習ができると思います!



 

(2007年4月9日(月) 15:09)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

 今回はタンギングについてです。タンギングは基本かつ重要なものなので、しっかり身につけて強い味方にしましょう。  小学校の頃、リコーダーをやっていた方は「トゥートゥートゥー・・」と舌をつかって歯切れよく音を出すことを教わったかと思いますが、基本的にはそれと同じです。  具体的には、リー...

 今回は楽器を吹くということについて書きたいと思います。  サックスは吹奏楽器ですので、コレはもうやっぱり何を差し置いても「吹く」という行為がもっとも重要だと思うワケです。  でも、ある程度容易に音が出せる(とりあえず鳴る)ようになると、メロディーを吹くこと、つまり「指の運動」に多くの...

 一人で練習するとき、どんな練習が上達への近道になるのでしょうか。  練習にたくさん時間をとれる方もいれば、普段はなかなか楽器を吹くのが大変な方もいると思います。もちろんたくさん練習するにこしたことはないのですが、時間以上に、また練習の内容(プログラム)以上に肝心だと僕が思うのは・・・練...

 じつはサックスというのはピッチ(音程)の不確かな楽器です。  たとえばちゃんと調律されたピアノでは「ド」の鍵盤を押せば「ドー」と鳴りますが、サックスでは「ド」の指使いで息を吹き込んでも、かならずしも正しいピッチの「ド」の音はでません。  ちゃんとしたアンブシュア(口の状態)、息の...

 今年は梅雨ナシで夏に突入かとも思いましたが、ここにきてやっと梅雨らしくなってきましたね。夏までもう少し!暑~いの、汗かくのはあんまり得意じゃないけど、なんやかんや言ってやっぱり心躍るなー、夏!  さて、ジャズはモダンジャズ以降、しっとりした夜のイメージが強くなって、あまり夏と結びつきが...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アルトサックスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ