全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス神奈川 すずき サックス音楽教室 スクールブログ 脱力のススメ

脱力のススメ

こんにちは!講師のスズキです!

夜は涼しくなってきましたが、まだまだ日差しは強いですね~。

さて今日は「脱力のススメ」と題しまして、力を抜くという事に焦点を当てていきたいと思います。

皆さんはサックスを吹く時に脱力について意識した事はありますか?

サックスを吹いていると音を出しずらい音域、特に高音域を吹く時はついつい力一杯吹こうとしてしまうものです。

しかし力を入れればいれる程か細い音になってしまい、うまく吹くことが出来なかったりします。

高音域で大事なのは息を入れるポイントや喉のコントロールです。

例えば、輪投げ遊びで小さい的を狙っているのに力一杯投げるとコントロールが上手くいきません。
しかししっかりと狙って投げることができれば、輪っかは意外とすんなりと狙った的に飛んでいきます。

少し変な例えですが笑

つまり高音域を吹くときも力一杯吹こうとするとコントロールが出来なくなり、かえって音が出しずらいですが、力を抜いて狙ったポイントに息を入れる事ができればすんなりとキレイな音が出るはずです!

また高音域では息のスピードも重要になってきます。

息のスピードを早くする事が重要なので、これまたつい力一杯吹いて沢山の息を入れようとしてしまいがちです。

ですが上にも書いたように力一杯吹こうとするとコントロールが難しくなります。

そこで大事なのが喉のコントロールです。
わかりやすく言うと「喉仏の高さ」のコントロールです。

「サックスは歌うように吹く」なんて言葉を聞いたことはありませんか?

歌を歌うときに高い声を出すときは喉仏は高い位置になり(気道は細くなります)、逆に低い声を出す時は喉仏は低い位置(気道は太く)になります。

これは気道の太さをコントロールして息のスピードを変えているのです。

この動きをサックスを演奏中にもする事が出来れば同じ息の量でも、力まずに息のスピードを速く、また遅くする事が可能です!

是非これを意識して練習してみましょう!

ちなみに低音域がうまく吹けない、高い音が混ざってしまうなどの悩みがある人も喉のコントールができてない事が多いので、喉仏を低くして、低い声を出すようなつもりで練習してみましょう!(あくびをする位のどを開いてみましょう!)


長くなってしまいましたので今日はこの辺にしておきます。


それでは!

 

(2011年9月19日(月) 18:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

映像音楽やBGM制作!幅広い活動と常に挑戦の気持ちを忘れない先生

すずき サックス音楽教室
鈴木健太 (アルトサックス)

渋谷・武蔵小杉・溝の口・登戸・町田・下北沢・自由が丘・三軒茶屋・駒沢大学・宮前平

ブログ記事 ページ先頭へ