全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス東京 ランブリングサックススクール スクールブログ from OT...

from OTO

マイクもダラダラしてきた。
夏が確実に近づいてきとりますな。
その前に梅雨だけど。
もともと暑さ寒さ対策とかあんまりいらない身体の(というかつまりそれは気温の変化に鈍感なんじゃねーか)俺ですが、
今年は更に頑張って節電するぜ黒澤祐介です。


親父から届いたメール

Subject 言いまつがい

読んで笑っちゃったので急ぎ紹介します、読売新聞編集手帳27日から。
ある人が結婚式のスピーチで「・・・・・お二人が幸せな家庭を築くことを疑って信じません」と言ってしまったそうな。
 
それで思い出したけど、わたしの上の教授だった飯島先生が教え子の結婚式で媒酌して、その挨拶の時に
「お二人のこれからの桃色の人生に・・」と言ってしまったと言っていました。  ではでは    OTO


「疑って信じません」→「信じて疑いません」
「桃色」→「薔薇色」

だという事はすぐにわかればいいものを、
かなり泥酔しながらメール読んだもんだから何処が間違ってんのかとんとピンとこなくてね、
次の日読み返してやっと爆笑したという。


それに対する俺の必死の返信が、

Subject Re:言いまつがい

そこまで面白いネタはないけど、
目上の人と話さなきゃいけない時、
「はい」と相槌をうとうか「ええ」と相槌をうとうか迷って、
「へえ」とよく言ってしまいますな。

そしてこれはきっと、子供の頃から時代劇ばかり見ていたせいでしょうな、
「左様でございます」が、「左様でござりまする」になってしまったことも一度。


というイマイチの内容。

下ネタ勝負なら絶対親父にだって負けないと思うのだが、
なにかしら上質な、奥底から湧き上がるようなユーモアのネタの応酬では、
なかなか親父には勝てないなーと、

この、
いちいち息子にメールで送る必要があるんか?と思われる、
一通のメールを読み、
そう思ったのです。

そして実際この親父はねえ!
時々息子に対して、
こういう、人生の糧になるようなならないような、よくわからんメールを、
そこそこ頻繁に送ってくるのですわ!

そしてそのメール全てが、
くだらなくて面白い。

全く、「ではでは    OTO」じゃねーよ!


ありがとうお父さん
あんたの息子で良かったぜ


さて今日から「星に願いを」を課題曲とする生徒さんがおります。
頑張ろう!

y.kurosawa&mike

from OTO

(2011年6月5日(日) 11:47)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ロックに熱い!笑いあふれるレッスンで自信をつけて演奏を

ブログ記事 ページ先頭へ