全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス東京 0から始めるサックス教室 スクールブログ マウスピースに...

マウスピースにのせる歯の位置について

これに関しては、教える人によっても、教則本などによっても様々で、実際どれを信用すればいいんだろうと、思い悩む方も少なからずいるかと思います。


自分自身も過去に色々なレッスンを受け、歯の置く位置の違いに、戸惑いを感じていたことがありました。



実際に、どの位置が正しいのか??? 



という問いに対しては、口の中の大きさなどに個人差があることや、マウスピースの開き具合によっても歯の位置が若干変化することから、絶対的な回答はできませんが、語弊を生む可能性もありうるので、あくまでも個人的な見解で述べさせてもらうと。。。


習いたての頃は、音を太く大きく鳴らせるようになるという目的を前提に考えて、マウスピースの先端から、1cmから1cm半ぐらいを目安として置いてみてください。


1年、2年と少しこなれてきたのを見計らって、少しずつ浅く咥えるようにしていきます。


最終的には、先端から5mmぐらいのところに定着させると、曲などを吹く上での細かいニュアンスをつけやすくなるというのが、個人的な見解です。


ただし、初めのうちから浅く咥えてしまうと、音を出すという行為そのものに難儀をかけてしまうので、慣れるまでの間は、先に述べた方法で実践を積まれることをお奨めしたいと思います。


以上ですが、
自身の経験をふまえての方法論なので、あしからず。。





マウスピースにのせる歯の位置についてマウスピースにのせる歯の位置についてマウスピースにのせる歯の位置について

(2011年6月2日(木) 22:57)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・練馬・上石神井・新所沢・本川越

ブログ記事 ページ先頭へ