サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス東京 0から始めるサックス教室 スクールブログ ロングトーンは...

ロングトーンは何のために練習するのか?

こんばんは

3月に入り、だいぶ暖かくなり、布団から出るのが少し楽になってきたように感じる、今日このごろです。

それとともに、花粉の季節到来ということで、自分にとっては、辛く苦しい時期になりました(;;)

この時期は野外イベントなど、外で演奏する機会がよくあるのですが、ほとんど断ってしまうほど、重度の花粉症なのです。


前置きはさておき、今日はロングトーンについて書いてみようと思います。

サックスをやる人にとっては、一度は耳にする言葉だと思いますが、何のために練習するのか。。。
疑問に思われている方も少なからずいるのではないでしょうか。

何のために、この練習が必要なのかを理解していないと、頭で考えて行動をおこす大人にとっては、意味の解らない練習は時間の無駄と考え、誰もが避けて通ろうとするのではないかと思います。


そもそもロングトーンは、ある音を一息で長く延ばして、音程を保ちながら一定に音を出しますが、この行為そのものが口の周りの筋力を鍛え、曲中に出てくる長くのばす音に対しての成果を感じられることは、言わずしてのことですが、チューナーに合わせて、音程を確認しながら練習することで、楽器の特性(高くなりやすいところや低くなりやすいところ)を体で理解できるようになり、音程をとる上での理解を深めることになります。

特にアンサンブルでは、音程の善し悪しによってサウンドを引き立たせるため、毎日のその練習によって、曲を通じてひとつひとつの音に説得力を持たせることとなります。

サックスは音程が不安定なため、調律されたピアノのように、そのポジションを押せばその音を出せるというわけではないため、音程への注意をふまえて練習するとよいかと考えます。

 

(2011年3月4日(金) 0:20)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

久々のブログ更新。。。 ようやく秋らしくなってきたせいもあってか、体調がいくらか正常に戻ってきた。 暑い日が続いていたのに、いつのまにか涼しくなって、うすら寒くも感じる。。。 夜になると、ひんやりとした冷たい空気に身の引き締まる思いだが、気候の...

先週末、イベントのお誘いを受けて、群馬県の東に位置する赤城山麓へおじゃましてきました。 イベントの前日は雨が降っていて、夜はどしゃぶり状態。。。 当日も朝から雨が降っていて、少しも晴れそうな気配が窺がえない様子。。。 雨のため視界も悪く、せっか...

何年かぶりに水を汲みに出掛けた ((^_^;) 以前は、年に何度か足を運んでいたのだが、しばらく遠のいていた。 日本全国には、昭和の名水百選と平成の名水百選とがあるらしく、今回は平成の百選に名を連ねた、秩父の小鹿野にある、毘沙門水 (びしゃもんすい) という名水を汲...

ブログの更新が、少しご無沙汰になっていました。 師走に入り、朝晩の冷え込みが少し厳しくなってきたように感じるこの頃です。 11月初旬から引いた風邪もようやく治りかけていて、時たま咳が出ることがあり、こんなに長引いた症状も珍しく、体の免疫力の低下が原因なのか、菌の...

9月に入って、夜の気温がだいぶ落ち着いてきたように感じられます。 夏から秋への転換期は、人の心理面に何かしらプラスの作用を及ぼすように感じますが、体調面での苦しい時期を乗り越え、本来身に備えている「らしさ」を取り戻せていくような気がします。 これからの過ごし...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アルトサックスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ