サイタ音楽教室サックス教室アルトサックス東京 0から始めるサックス教室 スクールブログ 腹式呼吸の練習

腹式呼吸の練習

今日は、管楽器奏者なら誰もが悩む腹式呼吸について話したいと思います。


単に呼吸といっても、ふだん生活している上では無意識に行われている現象なので、説明するまでもありませんが、日常的な呼吸と異なり、楽器を吹く時に用いられるのが腹式呼吸という耳慣れない方法です。


管楽器を演奏する上では、いい音色を管に響かせる必要性からも、切っても切り離せない関係にあるため、日々の訓練が不可欠です。


腹式呼吸の善し悪しによっては、管体の金属微粒子がその振動によって方向性を変えるため、好い振動を与えることが望まれます。習いたての頃の練習には、特に注意が必要となります。


腹式呼吸は、説明の仕方によっては、受け取る側にも様々な解釈を生む可能性が考えられるので、実践的な方法を絵にして説明してみます。


まず手初めに、マウスピースを咥えた時に、体を楽にしている状態を作ります。
この時の状態は、赤ん坊がお母さんの背中で寝入っていて、脱力しているようなイメージです。


次に、体は脱力している状態のまま、体に力を加えずにマウスピースに息を入れます。
要するに、顔だけに力が入ったような感じをつかみます。
そうすると、息を吐いた時にお腹が凹んでいきます。


マラソンや水泳の選手などは、息を吸うというよりも、むしろ息を吐くことによって、自然と息が入ってくる状態になるということを聞いたことがありますが、同じことが言えると思います。


息のよい出し方が、輪郭のあるはっきりした音を作りだすので、腹式呼吸に戸惑いを感じている方も多いと思いますが、少しでも参考になれば幸いです。 

 

(2011年2月12日(土) 2:09)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

目的・種類別にアルトサックス教室・レッスンを探す

新着記事

久々のブログ更新。。。 ようやく秋らしくなってきたせいもあってか、体調がいくらか正常に戻ってきた。 暑い日が続いていたのに、いつのまにか涼しくなって、うすら寒くも感じる。。。 夜になると、ひんやりとした冷たい空気に身の引き締まる思いだが、気候の...

先週末、イベントのお誘いを受けて、群馬県の東に位置する赤城山麓へおじゃましてきました。 イベントの前日は雨が降っていて、夜はどしゃぶり状態。。。 当日も朝から雨が降っていて、少しも晴れそうな気配が窺がえない様子。。。 雨のため視界も悪く、せっか...

何年かぶりに水を汲みに出掛けた ((^_^;) 以前は、年に何度か足を運んでいたのだが、しばらく遠のいていた。 日本全国には、昭和の名水百選と平成の名水百選とがあるらしく、今回は平成の百選に名を連ねた、秩父の小鹿野にある、毘沙門水 (びしゃもんすい) という名水を汲...

ブログの更新が、少しご無沙汰になっていました。 師走に入り、朝晩の冷え込みが少し厳しくなってきたように感じるこの頃です。 11月初旬から引いた風邪もようやく治りかけていて、時たま咳が出ることがあり、こんなに長引いた症状も珍しく、体の免疫力の低下が原因なのか、菌の...

9月に入って、夜の気温がだいぶ落ち着いてきたように感じられます。 夏から秋への転換期は、人の心理面に何かしらプラスの作用を及ぼすように感じますが、体調面での苦しい時期を乗り越え、本来身に備えている「らしさ」を取り戻せていくような気がします。 これからの過ごし...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アルトサックスレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ