全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス東京 0から始めるサックス教室 スクールブログ 音楽におけるエ...

音楽におけるエピソード  その1

日の入りもだんだん早くなってきて、いよいよ冬が到来した感がありますが、いかがお過ごしでしょうか。



個人的には、秋から冬にかけてが一番好きな季節なので、
何をするにも旬のいい時期ですが...(^^)




今日は過去に遡って、楽器にまつわる個人的なエピソードを書いてみようかと思います。




まだ始めたての頃は高校生だったので、学業もやらなければいけないけど、なぜか楽器の方が優先になってしまっていて、学校の勉強どころでなかったのを思い出します。




始めてから10年ぐらいは、いろいろと壁にぶつかってはまたぶつかってみたいな、その繰り返しでした。




演奏において、ある程度のカタチにするまでに、試行錯誤の時期が10年ぐらいは続いたというか、言い方を変えるなら個人差はあるにせよ、楽器と自分との一体感を感じられるようになるまでに、10年ぐらい要したかなと思います。




高校生の時期までは朝霞に住んでいたこともあって、毎日のように、雨の日でも雪の日でも、朝早くとか夜中とか、荒川の河川敷まで行って、時間を忘れて練習していたのを今でも覚えています。
特に、冬の強い風には悩まされました。ホントに台風並みに強いんです(笑)




当時は、練習時間としては7、8時間でも平気で吹いていたので、苦労というよりも好きだから続けられた、という感じです。(現在では年を取ったせいなのか、せいぜい4時間ぐらいがいいところです。)...笑




簡単ですが、楽器を始めた頃の小話でした。。








 

(2010年11月24日(水) 2:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・練馬・上石神井・新所沢・本川越

ブログ記事 ページ先頭へ