全国5万人が受講している「サイタ」

アルトサックス教室・レッスン

アルトサックス教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室サックス教室アルトサックス東京 0から始めるサックス教室 スクールブログ 発展から応用編...

発展から応用編へ


ジャズとは何ぞや?というところから始まって、今年で20年を迎えました。


振り返ってみると、高校の時は勉強もしないで、よく練習したなぁ、と思い出します。


それはさておき、僕は高校生の時から先生に付いて、サックスを習い始めたのですが‥


当時はジャズを習うというよりも、習い始めたら教材はすべてジャズだったという感じで、ジャズという音楽の楽しさもよく分からないまま、レッスンに通っていました。

そのうち、習っていくにつれて、楽器の音色といい、ジャズの奏法のカッコよさに魅せられ、次第にはまり込んでいきました。


ジャズという音楽は、曲というカテゴリーを飛び越えて、譜面の中に書き記されていない、人それぞれの感性を自由に表わすことのできるアドリブという技法があります。即興演奏と呼ばれるものですが、自分で音を組み合わせてフレーズをつくり、そしてそれを瞬時に表現するという、まさに曲芸とも云わんばかりの特有のジャンルです。


僕自身、人に気持ちを伝えたり、自分の感情をうまく表に出せないこともあってか、楽器を通じて自分の気持ちをすべてさらけ出せるジャズという音楽に、感謝の念とともに心の支えとして、人生の糧となっています。


最終的に、サックスを吹く上で重要なことは、アドリブという概念をモチーフとするのですが、自分にとっても課題とするところで、アドリブを修得するにあたっては、音楽知識が不可欠となってきます。


最後になりますが、僕のレッスンを受けられる方には、無駄なく早く上達できるように、尽力するつもりでいます。


また多種多様な練習方法によって、理解度や知識力を深めてもらおうと考えています。 (終)

 

(2010年10月28日(木) 23:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・練馬・上石神井・新所沢・本川越

ブログ記事 ページ先頭へ