全国5万人が受講している「サイタ」

応用情報技術者試験対策・合格講座

応用情報技術者試験対策・合格講座を選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

パソコン教室・IT資格情報処理技術者試験対策講座応用情報技術者試験大阪 記述問題も得意に!応用情報技術者講座 スクールブログ 資格取得を阻む...

資格取得を阻むものとは?

こんにちは。コーチのタケシタです。

数年前から、「資格ブーム」といわれていて、色んな人が色んな資格にチャレンジしています。私も、ITを中心に資格を取得していますが、それ以外にも、通信系・建築系・ビジネス系などなど、多分野の資格にチャレンジしている1人です。

このブログを読んで下さっている皆さんも、何かしら資格を取りたいと思っているかと思いますが、なかなか思うように取れないのも事実です。

では、資格を取る上で、何が障害になるのでしょうか。

以前、「@IT」というサイトで、エンジニアを対象にアンケートをした結果、資格取得の障害の上位3位は、以下のようになりました。

1.受験料が高い
2.学習時間が確保できない
3.学習教材が高い

この結果を見ると「お金」や「時間」といった物理的な問題が大きいようですね。
確かに、IT系の資格は受験料が高いものが多いですし、お仕事をしながらの学習は難しいですね。ただ、これらを解決する方法もあります。

1.受験料が高い
これは、国家資格を目指せば解決します。民間資格だと、1万円はくだらない受験料も、国家試験だと5000円少しで済みます。
2.学習時間が確保できない
Cyta.jpはマンツーマンですし、自分の空いた時間に学習できます。自宅ではなかなか難しい学習も、コーチと一緒なので、「学習できる」環境が整えられます。
3.学習教材が高い
ある程度の出費は避けられませんが、私は、学習テキストを1冊に絞るよう、アドバイスしています。また、学習時間も短く済むよう、学習効率アップの方法もお知らせしています(詳しくはレッスンで・・・)

今までとちょっと考え方を変えてみて、スキルアップのために資格取得にチャレンジしてみませんか?

 

(2012年4月25日(水) 1:40)

前の記事

この記事を書いたコーチ

資格保有数は160超。パソコンスクールや上場企業の研修でも指導

ブログ記事 ページ先頭へ