音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 ゆるアコ・ギターレッスン レッスンノート

ゆるアコ・ギターレッスンレッスンノート(3ページ目)

レッスンノートって?レッスンノートって?

Eのブルースでもって、バッキングの...
Eのブルースでもって、バッキングのオカズになるようなフレーズや弾き方を練習しました。
アメイジング・グレイスの弾き方を一...
アメイジング・グレイスの弾き方を一通りさらいました。左手がスムーズになることで、曲として通せるようになると思います。まずはそこを目指して練習してみてください。
amazing graceのソロ・...
amazing graceのソロ・ギター・アレンジを練習始めました。コードフォームを押さえた中からメロディーになる音を見つけてつなげていきましょう。
Eのブルースを題材にして、和音展開...
Eのブルースを題材にして、和音展開の理論やソロの取り方について練習しました。 左手の握り方やミュートの仕方、右手でのニュアンスの付け方や肘からしたの動かし方を意識します。
スケールの成り立ちを説明しつつ、楽...
スケールの成り立ちを説明しつつ、楽曲の中からキーとなるスケールを弾き当てる練習をしました。 長調(いわゆる「ドレミファソラシド」)のスケール音と、ギターのフレット上でどのようなポジショニングに...
楽器の構え方や手の向き、指の置き方...
楽器の構え方や手の向き、指の置き方などを考えながら、基本的なコード進行をすすめました。 Fは手のひらもネック裏につけるようなカタチでよいかと思います。Gに移行する際には、手首を前に出した形でポ...
前半は、ピッキングの柔らかいニュア...
前半は、ピッキングの柔らかいニュアンスのつけ方を中心に見ていきました。 ・手首の動きでもって、弦の感触を確かめながらピッキング ・近くの人に聴かせるような意識 ・アップのときに勢いよく戻り...
チューニングの仕方からはじめました...
チューニングの仕方からはじめました。ご持参の教則本のコードワークを、ばらしてさらいながらフォームの確認。 開放弦をベースにしたコードワークの基礎パターンを、ストロークと指引きとで始めました。
曲の前半を中心にさらいなおしました...
曲の前半を中心にさらいなおしました。 本番の状態に近い状態で練習ができるよう、マイク位置、サウンドチェックの手順、譜面台の配置などに気を使いつつ、声がでやすい姿勢や息の流し方のチェックなど、チ...
ピッキングで音楽の幅を持たせること...
ピッキングで音楽の幅を持たせることを提案しながら、簡単なセッションができるようなコードワークを練習しました。 ・Am7 D7 ・C6 Dm7(親指はネックの後ろで) 右手でミュートしながら...

ゆるアコ・ギターレッスンのレッスンノート ・・・計35件

ゆるアコ・ギターレッスン ページ先頭へ