サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター 神奈川 吉澤秀人のアコースティックギター教室 レッスンノート 16ビートカッティング

16ビートカッティング

アコースティックギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 お疲れ様でした!
ロック、歌謡曲、フュージョンのクラシックといっても過言ではない、自分ら世代は必ずコピーしたフレーズをリズム練習用に3パターン説明して、やって貰いました。

まずはCharさんの「スモーキー」から、間奏のコードカッティングパターン。Em9とDm9の2コードなんですが、人差し指を抜いた省略コードで2.3.4弦を薬指一本でセーハして五弦を中指で抑えるカタチで覚えて下さい。

次もCharさんのアイドルをやっていた頃のヒット曲、「闘牛士」をやって貰いました。
3拍目からの人差し指セーハ2.3.4弦の6フレットから7フレットへのスライドがキーになりますので、着地を行き過ぎないよう、格好良く決めましょう。

最後にジャパンフュージョンのレジェンド、カシオペアの「ASAYAKE」のイントロ部分をやって貰いました。3拍目と4拍目の薬指一本の2.3.4弦のスタッカートのところが難しいかも知れませんが、薬指のセーハを結構使うので、動きに注意して下さい。

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

 お疲れ様でした! 「タイヨウのうた」  ゆったりとセッションすると、ロックビートは躰で掴めるようです。 2拍4拍を強調することを心がけて、ストロークして下さい。 リハーサルマークのEはパワーコードもいいのですが、アルペジオを入れてみるといいですね。 白玉とアルペジオは相性が...

 お疲れ様でした! 「なごり雪」を新たに始めていきました。 弾き語りの場合は、キーはCがしっくりいくようですね。 5カポのGとカポなしのCで二人でプレイするとアンサンブルが気持ちいいですね。 インストゥルメンタル(歌メロとコードを一緒に弾く)は、カポなしのGで演奏して行きましょ...

 体験レッスン、お疲れ様でした! お持ちのヤマハのアコースティックギター、弦高もネックの握りも良い状態で、音も鳴っていて弾きやすいギターですね。 弾き込む毎にどんどん良く鳴ってくるので、練習も楽しめますよ。 コードをいくつか押さえて頂きましたが、カタチで覚えて行きましょう。 F...

 お疲れ様でした! 「ユメクイ」のコード譜面を書き直すところから始めました。  オリジナルキーがA♭なんですが、弾き語りする場合は1カポにします。それでGを押さえたカタチがカポをしない場合のA♭なんですが、ハイポジションでのコードを押さえながら弾き語りするよりも、ローポジションでのプレ...

 体験レッスン、お疲れ様でした! お持ちのヤイリのアコースティックギター、とても良く鳴っていて、ネックも握りやすく、弾きやすいので驚きました! ヤイリギターはしっかりと作られているというイメージなんですが、まさにその通りですね。  弾き込む毎にどんどん鳴ってきますので楽しみですね。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

アコースティックギター情報

サイタのアコースティックギター講師がブログを通して、アコースティックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アコースティックギターの先生

@AGuitarCyta