サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター 大阪 弾き語り初心者アコースティックギター教室 レッスンノート 「トレモロ降る夜」ストローク(右手ミュート・ブラッシング)

「トレモロ降る夜」ストローク(右手ミュート・ブラッシング)

アコースティックギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日は体験レッスンをご受講いただきありがとうございました。

一気に色々なポイントをお伝えしましたので、すこし整理しておきたいと思います。

☆基本的なこと
◎ピックの持ち方
人指し指を伸ばした状態でピックをつまむように持つと、ピックが不安定になり、力みやすくなってしまします。
人指し指はクの時に折り曲げて、第一関節にピックを乗せます。
親指で上から押さえて、ピックの向きが親指に対して直角になるようにしましょう。

◎ストロークのポイント
親指の動きがポイントになります。
右手を下に振る瞬間に、親指を下に押し込むようにします。
ピックを人指し指に乗せて、腕を下に振る瞬間に親指で押さえる練習で感覚をつかんでもらいたいと思います。


☆「トレモロ降る夜」
◎コード
今回は、時間の関係もありましたので、簡略化したコードをお伝えしました。
ですが、ある程度基本的なコードは弾けるようでしたので、今後レッスンで取り上げる際には、譜面通りのコードの押さえ方と、コードの仕組みも含めてお伝えしていきたいと思います。

◎右手ミュート
ストロークに変化を付ける上で重要になるのが、ミュートです。
要所要所でミュートを取り入れて、メリハリをつけることができ、アレンジの幅が広がります。
ミュートにも色々な方法がありますが、今回のパターンでは右手でのミュートを取り上げました。
基本的に手刀の部分で行います。
まずはダウンストローク→右手ミュートで音を止めるという基本の動作を、繰り返し練習してみてください。

◎右手ブラッシング
ミュートをしながらストローク(ピッキング)する手法をブラッシングといいます。
音程を出さずに、リズムだけを出したい時に使います。(役割としてはパーカッションと同じですね。)
前提として、ミュートがしっかりできている必要があります。
ボデイに対して斜め上から右手を振り下ろして、手刀を勢い良く弦に着地させ、その慣性を利用してピッキングするのがコツです。
連続してアップストロークを行う場合は、手首の回転をあまり意識せず、そのまま上に引き上げるようにストロークしましょう。

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

昨日は体験レッスンにお越しいただきありがとうございました! 楽しんでいただけたでしょうか? 一度他の教室でもギターに触れられたことがあるとのことでしたので、今回はコード3つで弾ける「明日があるさ」をやっていきました。 主に、コードチェンジの際の左手の動かし方に注目して解説・練...

この度は体験レッスンを受講いただき、ありがとうございました! お疲れ様でした。 レッスンノートの送付が遅くなってしまって申し訳ありません。 始められて3ヶ月とのことでしたが、ほとんど教えることがなかったですね(笑) この短期間であそこまで上達する方は正直なかなかいません...

先日は体験レッスンをご受講いただき、ありがとうございました! 体験レッスンはかがでしたでしょうか? 少しでもギターの楽しみを感じていただけたなら幸いです。 今回は、様々な奏法のご紹介と、チューニングのしかた、コード(Em)、メロディ弾きを体験していただきました。 ☆チューニ...

この度は体験レッスンをご受講いただき、ありがとうございました! 保育士試験での課題曲2曲を、カポタストを使って簡単なコードに変換していきました。 これで元のコードよりはかなり楽に弾けるようになると思います(^^) ◎カポタストについて 「おかあさん」は3フレットに、「ア...

本日は体験レッスンを受講いただき、ありがとうございました! 少しでもお役に立てる内容がご提供できていればと思います。 さて、レッスンのまとめをお送りいたします。 ☆リズム譜の読み方、ストローク ◎リズム譜の読み方 ・リズムを読み解くコツは、音符の最小単位に分けて考えるとい...

レッスンノート ページ先頭へ

アコースティックギター情報

サイタのアコースティックギター講師がブログを通して、アコースティックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アコースティックギターの先生

@AGuitarCyta