音楽教室ギター教室アコースティックギターレッスンノート 「トレモロ降る夜」ストローク(右手ミュート・ブラッシング)

「トレモロ降る夜」ストローク(右手ミュート・ブラッシング)

アコースティックギター教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日は体験レッスンをご受講いただきありがとうございました。

一気に色々なポイントをお伝えしましたので、すこし整理しておきたいと思います。

☆基本的なこと
◎ピックの持ち方
人指し指を伸ばした状態でピックをつまむように持つと、ピックが不安定になり、力みやすくなってしまします。
人指し指はクの時に折り曲げて、第一関節にピックを乗せます。
親指で上から押さえて、ピックの向きが親指に対して直角になるようにしましょう。

◎ストロークのポイント
親指の動きがポイントになります。
右手を下に振る瞬間に、親指を下に押し込むようにします。
ピックを人指し指に乗せて、腕を下に振る瞬間に親指で押さえる練習で感覚をつかんでもらいたいと思います。


☆「トレモロ降る夜」
◎コード
今回は、時間の関係もありましたので、簡略化したコードをお伝えしました。
ですが、ある程度基本的なコードは弾けるようでしたので、今後レッスンで取り上げる際には、譜面通りのコードの押さえ方と、コードの仕組みも含めてお伝えしていきたいと思います。

◎右手ミュート
ストロークに変化を付ける上で重要になるのが、ミュートです。
要所要所でミュートを取り入れて、メリハリをつけることができ、アレンジの幅が広がります。
ミュートにも色々な方法がありますが、今回のパターンでは右手でのミュートを取り上げました。
基本的に手刀の部分で行います。
まずはダウンストローク→右手ミュートで音を止めるという基本の動作を、繰り返し練習してみてください。

◎右手ブラッシング
ミュートをしながらストローク(ピッキング)する手法をブラッシングといいます。
音程を出さずに、リズムだけを出したい時に使います。(役割としてはパーカッションと同じですね。)
前提として、ミュートがしっかりできている必要があります。
ボデイに対して斜め上から右手を振り下ろして、手刀を勢い良く弦に着地させ、その慣性を利用してピッキングするのがコツです。
連続してアップストロークを行う場合は、手首の回転をあまり意識せず、そのまま上に引き上げるようにストロークしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

全国大会で審査員特別賞ほか、数々の賞を受賞。一歩一歩丁寧に指導します

弾き語り初心者アコースティックギター教室
荒井直人 (アコースティックギター)

新大阪・天王寺・弁天町・福島・天満・寺田町・南田辺・鶴ケ丘・長居・鳳・難波・中百舌鳥...

レッスンノート ページ先頭へ

アコースティックギター情報

サイタのアコースティックギター講師がブログを通して、アコースティックギター情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アコースティックギターの先生

@AGuitarCyta