全国5万人が受講している「サイタ」

アコースティックギター教室・レッスン

アコースティックギター教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 アコーディック・ギタースクール スクールブログ 作ろうと思わず...

作ろうと思わず在るものを出すだけ

最近お世話になってる下北沢のライブハウスYuraxでの演奏の後、店長と雑談。店長はPAも担当しているのですが、毎回素晴らしい音で弾かせてもらってます。さぞかし色々な技術を使って調整しているかと思いきや、PAはあまりいじっていないとの事。いい音を作ろうと思って臨むと大抵うまくいかない。それよりも今この場の空気をいかにキャッチできるか、それに気を使っているとの事でした。

自分がギター弾いている時も大抵、いい演奏しようと思えば思う程、空回りしている気がします。少し自分の体と意識をギターから離して自分で自分の演奏を鑑賞してる時はとても力が抜けて、思うような音になってくれるから不思議です。
音符的な事は考えず体の動きにギターを合わせるだけ、ただそれだけ。
グルーヴしようとか思うと駄目。必ず力んで、詰まってしまう。

身の丈に合わないことをしようとするのではなく、自分の中に在るものを引き出す。
その為に自分の中に新しい感覚を取り入れる。


彫刻家の人は木を彫る前からその姿が見えてるそうな。

同じ気持ちを味わいたいものです。

 

(2010年5月30日(日) 21:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

サンバもジャズも自由自在!感覚・理論派どちらの悩みも相談できる

ブログ記事 ページ先頭へ