サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【経験者向け】...

【経験者向け】音楽をしているなら英語を勉強しろ

ギター講師のHiro Nakamuraです。
はい、かなりブッ飛んだタイトルです。(自覚あり)
ちょっと冷静になって、長いですが今回の記事を読んでみて下さい。

英語って...音楽と関係ないけど?
僕は日本の音楽が好きで、どうしてもっと世界に広がらないのかと思っていました。CDが売れない、音楽で食えないと嘆く人も多いみたいですが、国内にしかマーケットがない事自体が問題で、こんな鎖国のような状態では行き詰まるのも当然ですよね。かと言って僕もミュージシャンとして大成功したワケではありませんが、YouTubeやSoundBlogで曲名や説明文などは必ず日本語と英語の両方の記載をし、日本の外に住んでいる人でもキャッチしやすいように心がけています。なので僕も 日 々 勉 強 中 なのです。今はギター講師以外にも他の人の歌詞や宣伝文を英語で作ったりするのをサービスの一環でやっていますので (趣旨のよく分からない依頼も時々ありますが…)、そんな風潮が少しずつ広がって賛同者が増えれば日本の音楽はもっと広がるのかな〜と甘い夢を描いています。中には英語版にする事でYouTubeの動画再生回数を向上させた方もいらっしゃいます。とまぁ、そんな具合に、どんどん音楽と語学を結びつけていけば良いんです。

なぜ音楽をしている人は英語を勉強すべき?
単純に、耳が良いからです。耳が良いという事はすなわち、言葉を"音"として聴いた時に、音感を頼りにして発音の練習ができるのです。これは本当に強いアドバンテージです。モノマネ芸人に歌が上手い人が多いのは、声と音感のコントロールに慣れているからです。だったらボーカリストの方にも同じ事が言えるワケで、英語を習得しやすい傾向があると言えるでしょう。
別に歌のプロでなくとも、歌が好きでよくカラオケに行く人は結構たくさんいるんじゃないでしょうか?そういう人も含めて語学の習得はオススメです。

実は英語がペラペラな人たち
もうずいぶん前の話ですが、元ジャニーズで元KAT-TUNの赤西 仁さんがアメリカに渡ってしばらくしてから彼が英語のインタビューに答えているのをYouTubeでみました。かなり自然な英語だったのを覚えています。
一番有名なのはGacktさんやB'zの稲葉 浩志さんですかね。Hi-Standrd (ハイスタンダード)のKen Yokoyama (ケン・ヨコヤマ)さんやONE OK ROCK (ワン・オク・ロック)のボーカルTakaさんは英語で歌っていますし、実際に英会話も得意だそうです。RADWIMPS (ラッドウィンプス)のボーカル野田 洋次郎さんも帰国子女なのでペラペラなんだそうですね。…と挙げていくと実は結構多いんです、イングリッシュスピーカーのミュージシャン。

そもそも英語は話せた方が良いのか?
人にもよりますが、英語が話せると単純に選択肢は広がりますよね。日本人は1億人程度ですが (しかもこれから減ってく)、世界に英語話者 (非ネイティブ含めて)はその15倍くらいはいるはずなんです。超ザックリした計算で恐縮ですが、日本語で歌っても鑑賞者は最大1億人、英語で歌えばその15倍には広がります。(正確な数字は自分で調べてください。)
日本に在る素晴らしい音楽の世界観を外国に発信するにはどうしても語学が必要です。そうなると手始めに英語があったら便利ですよね (まぁ、別に中国語やスペイン語でも良いんですが)。
日本は音楽も宗教も民族も、なんでも受け入れている素晴らしい国ですが、そろそろそこから吸収したものを色々アウトプットし逆輸出すべきだと思います。

ところでなぜ日本人は英語が話せないの?
これについては色々な意見があり、日常会話程度の英会話しかできない僕が偉そうに言えた立場ではないのですが、やっぱり"話す練習"を極端にしなさすぎるところに原因があると思います。海外に行っても、最初の2〜3日は思うように言葉が出てこないので、やっぱり日頃から話している方が良いなぁ、と思う次第です。以上です。


いかがでしたか?…………..なんだか、説教くさい記事になってしまいましたね (そんなつもり毛頭ありませんが)。プロ講師やプロミュージシャンの皆さんがこれを読んでいたら、「んなヒマねーよ!!」とお叱りを受けそうです、すみません、分かってます。だからこそ、僕はそのサポートに回っているのです。
実は学生時代に数年間、教育業界でアルバイトをしていた経験があります。 高校受験〜大学受験に対応した英語と歴史 (高校は世界史)の講師をしていました。職場には学校の先生や教師の卵もいっぱいいたので、彼らがいかに頑張っているかも結構目の当たりにしています。だから学校教育が悪いとはあまり思っていません。結局はやる個人の問題が大部分だと思っています。いずれにせよ日本語と英語の自動翻訳機の誕生にはまだまだ時間がかかるでしょうから、知っておいて損はありません。さて、今日もレッスン行ってきます。

Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
レッスンカレンダー: https://midville.jimdo.com/schedules/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

 

(2018年11月17日(土) 15:52)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 ハカランダにまつわる記事、第2弾。<font color=red>ハカランダ (ブラジリアン・ローズウッドも含めて)にまつわる誤解とデマ</font>をいくつかご紹介。 ◆<u>誤解 1:ハカランダの木にはキレイな花が咲く</u>◆ これ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はギター愛好家向けの内容になります。ギターの技術や音楽がどうこうと言うよりも、アコースティックギター、クラシックギターに使われる材料に関するお話です。楽器に造詣が深い方はギターの作り方や材料までよくご存知の方も多いのです。クラシックギターより...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 はい、かなりブッ飛んだタイトルです。(自覚あり) ちょっと冷静になって、長いですが今回の記事を読んでみて下さい。 ◆<u>英語って...音楽と関係ないけど?</u>◆ 僕は日本の音楽が好きで、どうしてもっと世界に広がらないのかと思ってい...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 レッスンであまり出てくる話題ではありませんが、僕は生徒さん達に発表会やライブには出来るだけ出演してほしいと思っています。拒む人も多いのですが、時には違う空気を吸ってより<u>刺激的なギターライフ</u>を送ってほしいのです。今回の記事がライブに出...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 僕はソロギターが下地にあるのでライブでは爪でギターを弾きますが、ピックに関しては少し収集癖があり、様々なものを使ってきました。ただのプラスチックのヘラにすぎないのに、どうしてこんなに奥が深いのか?といつも考えさせられます。この1枚を作るのに色々な...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ