サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 初心者歓迎 ハマるアコギ講座  スクールブログ 好きな曲から練...

好きな曲から練習を始めるのが良い理由

こんにちは。

「ハマるアコギ講座」

コーチの安部です。


「練習」というとやっぱりなんだかしんどく思いがちですよね?

だけれども「練習」はやっぱり必要なもの。


特にギターを弾くことに慣れていく段階だとその必要性はさらに高いと思います!
(上級者の方でもめちゃくちゃ弾き込んでますからね)


そんな「練習」と良い感じで付き合っていくために必要となるのが【好きな曲】です◎


難易度の高低はもちろんあるかと思いますが、
好きな曲ならば付き合いやすいと思います。


逆を考えてみると想像しやすいですね!


好きではない曲(しかも無機質だった場合)で練習するとなると、気持ちがなかなか乗りづらいのではないでしょうか?

その曲がどれほど自分のためになる曲でも、
自分自身の気持ちがその曲に向かわないとなかなか踏み込んでは行きづらいですよね。


例えば、
ブルースの曲がスゴく好きなのに演歌や歌謡曲ばかりを練習するのはちょっとキツそうじゃありませんか?

アイドルのブリブリな歌ものの曲が好きなのに、
ハードロックな英語の曲で練習するのはちょっと複雑な気持ちになっちゃいませんか?


なんとなく、そういうことです!


好きだからこそ付き合っていられる、もっとそれについて歩み寄っていけるというものですよね♪


だから、練習するときは【好きな曲】を選ぶのが良いのです!


僕は一番最初に「夢の中へ/井上陽水」を練習しました。

手元にあった教則本の最初の曲がそれだったからです。


結果的に「夢の中へ」という曲は好きになりますが、
当時の僕としてはほとんど聞いたことがない曲だったので付属のCDの演奏だけでは気持ちが盛り上がりづらかったです(笑)


これが、元々「夢の中へ」という曲が好きだったらどうでしょうか?

頭のなかで曲が流れて、色々なイメージができて自分の演奏と重ねることが比較的簡単じゃないかなぁと思います。

しかも好きな曲だから、つまずいてしまうような場所と出くわしても「なにくそっ!」と向かっていけるような気もします!


「なんかギターってつまんないなぁ…。」

そう感じてしまうことが一番もったいないと思うので、
なるべくそうならないように【好きな曲】から練習していくことをおすすめしております!


基本的な練習(運指や右手)をある程度したら、
【好きな曲】をたっぷり弾く、
みたいなノリで良いのではないでしょうか◎

特に初心者さんにとっては、
少しでも楽しいと感じてもらいながらギターに触れてほしいと思っています。


少しずつでも、
弾けるようになればなるほどのめり込むように楽しくなってくるのがギター。


ぜひともその楽しさを掴んでもらって、
ギターにハマっていきましょう!!


そうなったら、加速度的に上達していけると思います!



それでは、また!

 

(2018年10月27日(土) 11:50)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ギターを始めるとたくさんのことに気が付きますよね。 ・コードの押さえ方 ・ギターの音が鳴る仕組み ・ギターの種類 などなど。 この中でも「ギターの音が鳴る仕組み」というのが、なかなかクセモノにな...

こんにちは。 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 「アコギを始めようかな?」 と思ったあなた。 とても素敵です! きっとアコギを始めようと思ったあなたには何か「目標」があるかと思います◎ その目標の1つに、 【弾き語り】 もあ...

こんにちは。 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 「練習」というとやっぱりなんだかしんどく思いがちですよね? だけれども「練習」はやっぱり必要なもの。 特にギターを弾くことに慣れていく段階だとその必要性はさらに高いと思います! (上級者の方でもめち...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です! ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> 前回のブログでは「ぼくの好きなコード進行」のお話をさせてもらいましたね...

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です! ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> <hr /> お久しぶりの更新となってしまいました。。 お久しぶりということもあっ...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ