サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【経験者向け】...

【経験者向け】手数が増えるCAGEDシステム

ギター講師のHiro Nakamuraです。
今日はCAGED (ケイジド)システムについてお話します。これはギターにしか存在しないコード理論の1つです。深い内容に関してはレッスンで直接、図やノートを使って解説しますが、文面だけでは限界があるのでご勘弁ください。難しそう?いえいえ、少なくともこーゆうのはむしろ分かりやすくする為に存在するので、知っておいて損はないでしょう?


それを知ってたら何になるなの?
例えば、同じCメジャー (ドミソ)の和音でも指板の中で数通りの押さえ方があるのをご存知でしたか?ピアノでも低い位置のドミソがあれば高い位置でのドミソも存在するワケですが、ギターでもそれは同じなんです。これを知っておくことで、1つのコードに対して5通りの押さえ方を一度に覚える事が可能になります。知っただけではあまり意味はありませんが、これは仕組みの話なので、コード表を見て暗記する手間はかなり省けるんじゃないかなと思います。


CAGEDシステムとは
下の画像をご覧ください。その中で記されている和音は全てCメジャー (ドミソ)です。左手のフォームは場所を変えて、Aのフォーム、Gのフォーム、Eのフォーム、Dのフォームというサイクルで変化しますが、鳴っている音はどれもドミソの3つ。つまり、Cメジャーのコードは5通りの押さえ方があるのです。AでもGでもEでもDでも、場所を変えれば同じフォームでも違う和音を鳴らす事ができるんです。フォームは常にC→A→G→E→Dのサイクルでフォームは変化しますので、A (ラド#ミ)の場合、A→G→E→D→Cという順番で変化します。


CAGEDッてどーゆう意味?
普通は”Caged=監禁された"という意味です。このC→A→G→E→Dのサイクルを引っ掛けているだけですね。アメリカ英語のスラングで”酔っ払い”という意味があるという記事をいくつか見かけたことがありますが、仕事で英語を使ったり教えたりしていた僕でも聞いたことがありません。


いかがでしたか?
難しいな〜と思った方、なるほど!と思った方、色々だと思います。最初にも書いたように、知っているだけではあまり意味がありません。しかしこの内容をしっかりとおさえておくとバッキングのスキルが上がるとも言われています。あるいはソロギタースタイルでインプロビゼーション (アドリブ)を行う際にも非常に有効です。


Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

【経験者向け】手数が増えるCAGEDシステム

(2018年9月12日(水) 16:10)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今回はアコースティックギターのサイズについてのお話です。ギターは大きさによって音が変わりますし、フォルム美も様々なのでかなり好みが別れるところです。今回は「ボディの大きさ」「抱えやすさ」「音の大きさ」「種類の多さ」をそれぞれ5段階評価にし、詳しく...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今回は、アコースティックギターの値段の差についてお話しします。気になっている方も多いかと思います。 ◆<u>「どれも一緒やん。」</u>◆ 旦那さんがギターを選ぶ時、奥さんは必ず言います。「この安いのでええやん。全部一緒やし。」 さ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 僕もその昔必死に覚えました。今ではレッスンでここまでの内容を聞いてくる方は少ないので説明が不慣れなところはありますが、この死ぬほど覚えにくいスケールの僕なりの覚え方を軽くご紹介します。 ◆<u>そもそもチャーチモードッて何ですか?</u...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はCAGED (ケイジド)システムについてお話します。これはギターにしか存在しないコード理論の1つです。深い内容に関してはレッスンで直接、図やノートを使って解説しますが、文面だけでは限界があるのでご勘弁ください。難しそう?いえいえ、少なくとも...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 誰しも自分の体には大なり小なりコンプレックスがあるものです。特に日本人はアレが小さいと言われていますね。僕も決して大きい方ではありません。しかしながらもって生まれたもの。一生付き合っていかなければならないのです。 そうです、"手"の話です。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ