サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【経験者向け】...

【経験者向け】手数が増えるCAGEDシステム

ギター講師のHiro Nakamuraです。
今日はCAGED (ケイジド)システムについてお話します。これはギターにしか存在しないコード理論の1つです。深い内容に関してはレッスンで直接、図やノートを使って解説しますが、文面だけでは限界があるのでご勘弁ください。難しそう?いえいえ、少なくともこーゆうのはむしろ分かりやすくする為に存在するので、知っておいて損はないでしょう?


それを知ってたら何になるなの?
例えば、同じCメジャー (ドミソ)の和音でも指板の中で数通りの押さえ方があるのをご存知でしたか?ピアノでも低い位置のドミソがあれば高い位置でのドミソも存在するワケですが、ギターでもそれは同じなんです。これを知っておくことで、1つのコードに対して5通りの押さえ方を一度に覚える事が可能になります。知っただけではあまり意味はありませんが、これは仕組みの話なので、コード表を見て暗記する手間はかなり省けるんじゃないかなと思います。


CAGEDシステムとは
下の画像をご覧ください。その中で記されている和音は全てCメジャー (ドミソ)です。左手のフォームは場所を変えて、Aのフォーム、Gのフォーム、Eのフォーム、Dのフォームというサイクルで変化しますが、鳴っている音はどれもドミソの3つ。つまり、Cメジャーのコードは5通りの押さえ方があるのです。AでもGでもEでもDでも、場所を変えれば同じフォームでも違う和音を鳴らす事ができるんです。フォームは常にC→A→G→E→Dのサイクルでフォームは変化しますので、A (ラド#ミ)の場合、A→G→E→D→Cという順番で変化します。


CAGEDッてどーゆう意味?
普通は”Caged=監禁された"という意味です。このC→A→G→E→Dのサイクルを引っ掛けているだけですね。アメリカ英語のスラングで”酔っ払い”という意味があるという記事をいくつか見かけたことがありますが、仕事で英語を使ったり教えたりしていた僕でも聞いたことがありません。


いかがでしたか?
難しいな〜と思った方、なるほど!と思った方、色々だと思います。最初にも書いたように、知っているだけではあまり意味がありません。しかしこの内容をしっかりとおさえておくとバッキングのスキルが上がるとも言われています。あるいはソロギタースタイルでインプロビゼーション (アドリブ)を行う際にも非常に有効です。


Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

【経験者向け】手数が増えるCAGEDシステム

(2018年9月12日(水) 16:10)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 ハカランダにまつわる記事、第2弾。<font color=red>ハカランダ (ブラジリアン・ローズウッドも含めて)にまつわる誤解とデマ</font>をいくつかご紹介。 ◆<u>誤解 1:ハカランダの木にはキレイな花が咲く</u>◆ これ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はギター愛好家向けの内容になります。ギターの技術や音楽がどうこうと言うよりも、アコースティックギター、クラシックギターに使われる材料に関するお話です。楽器に造詣が深い方はギターの作り方や材料までよくご存知の方も多いのです。クラシックギターより...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 はい、かなりブッ飛んだタイトルです。(自覚あり) ちょっと冷静になって、長いですが今回の記事を読んでみて下さい。 ◆<u>英語って...音楽と関係ないけど?</u>◆ 僕は日本の音楽が好きで、どうしてもっと世界に広がらないのかと思ってい...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 レッスンであまり出てくる話題ではありませんが、僕は生徒さん達に発表会やライブには出来るだけ出演してほしいと思っています。拒む人も多いのですが、時には違う空気を吸ってより<u>刺激的なギターライフ</u>を送ってほしいのです。今回の記事がライブに出...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 僕はソロギターが下地にあるのでライブでは爪でギターを弾きますが、ピックに関しては少し収集癖があり、様々なものを使ってきました。ただのプラスチックのヘラにすぎないのに、どうしてこんなに奥が深いのか?といつも考えさせられます。この1枚を作るのに色々な...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ