サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【初心者向け】...

【初心者向け】ニッポンジンはアレが小さい?

ギター講師のHiro Nakamuraです。
誰しも自分の体には大なり小なりコンプレックスがあるものです。特に日本人はアレが小さいと言われていますね。僕も決して大きい方ではありません。しかしながらもって生まれたもの。一生付き合っていかなければならないのです。

そうです、"手"の話です。

...何やら思わせぶりな"珍"文章を書いてしまっていたらすみません。"陳"謝致します。これ以上は"沈"黙で………もう良いか。

思ってるほど小さくない、あなたの手
こんな相談をよく受けます。

「先生、私、手が小さいんですが、このまま続けていてギターが弾けるようになりますか?」
「手が小さいからもっとネックの細いギターを買おうかなぁ。」
「手が小さいから、この曲は諦めようと思います。」

そのお気持ちは痛いほどよく分かります。手は人の体の中で最も個人差の多い部位の1つですから、悩みの種が自分の手に向くのはある意味自然な事かもしれませんね。ですがそういった悩みを持つ方の大多数は、随分と立派な手をお持ちです。小さいと自分で決めつけているだけに過ぎませんので、何も悩む事はないのです。

ギターの技術と手の大きさ
自分の手を疑う、という考えはなんとも謙虚な姿勢だなと思います。しかし自分の手を小さいと思い込んでいる人たちにとっては受け入れ難い事かもしれませんが、手の大きさは上手/下手とはあまり関係はありません。小中学生の生徒さんもいらっしゃいますが、まだ手の小さい彼等でも『禁じられた遊び』のグイグイと手を広げる場面やセーハコードを頑張って押さえています。逆に手が大きすぎてAコードを押さえられない、サムピックが使えないなど不便に感じている人を見た事もあります。大きければ良いと言う問題ではないのです。
手の厚み、指の太さ、指の反り方、凹凸の感じに合わせて力の加減を調整できるようになる為にもレッスンで先生を頼ってみるのはいかがでしょうか?自分の手を小さいと思い込んで技術に制限をするよりも、肩の脱力を意識する事や指のストレッチなどをする事も大切です。ネットのレッスンはとてもためになるものが多いですが、個人差のある事を克服するには一方通行では成立しませんから、直接レッスンを受けてみてください。きっと有益ですよ。

Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

 

(2018年8月17日(金) 22:15)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 ギターは弾けば弾いた分、上達が約束されている楽器だと思います。もちろん個人差はあると思いますが、とにかく弾いたもん勝ちなところが強いです。 今回の記事では、何かにつまずいた時のヒントについて書いてみることにします。 ◆<u>インプットとア...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 ハカランダにまつわる記事、第2弾。<font color=red>ハカランダ (ブラジリアン・ローズウッドも含めて)にまつわる誤解とデマ</font>をいくつかご紹介。 ◆<u>誤解 1:ハカランダの木にはキレイな花が咲く</u>◆ これ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はギター愛好家向けの内容になります。ギターの技術や音楽がどうこうと言うよりも、アコースティックギター、クラシックギターに使われる材料に関するお話です。楽器に造詣が深い方はギターの作り方や材料までよくご存知の方も多いのです。クラシックギターより...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 はい、かなりブッ飛んだタイトルです。(自覚あり) ちょっと冷静になって、長いですが今回の記事を読んでみて下さい。 ◆<u>英語って...音楽と関係ないけど?</u>◆ 僕は日本の音楽が好きで、どうしてもっと世界に広がらないのかと思ってい...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 レッスンであまり出てくる話題ではありませんが、僕は生徒さん達に発表会やライブには出来るだけ出演してほしいと思っています。拒む人も多いのですが、時には違う空気を吸ってより<u>刺激的なギターライフ</u>を送ってほしいのです。今回の記事がライブに出...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ