サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター大阪 大阪市出張ギター・ウクレレレッスン スクールブログ 【初心者向け】...

【初心者向け】上達する人/しない人

ギター講師のHiro Nakamuraです。
今日は上達する人、しない人のお話です。

こんな人は上達しやすい
我流にとらわれない人です。もちろん上達を目的としていない生徒さんもいるので、全員が必ず上手くなる必要はありませんが、先生達が生徒さんに合わせてアレコレ仕込んでレッスンに臨んでいるのは、ギターを弾くこと、音楽を奏でることを楽しんで欲しいという想いがあるからだと思います。

音楽を趣味にするのは、ホントに最高です。没頭して時間を使うだけの十分な価値があります。

上達するとこうなる
単純な話ですが、上達すると1曲を仕上げる時間が早くなります。そしてレパートリーが増えます。レパートリーが増えるととても楽しいです。時には国を超えて音楽が言葉の代わりになる事だってあります。

初めたての頃は何もかも大変なんです...
自分の話で恐縮ですが14年間ほど空手を習っていました。あの頃出会った言葉に"守破離 (しゅはり)"と言うのがあります。簡単に言うと、基本を”守”って0人前、基本を”破”って半人前、基本を”離”れて1人前、みたいな感じです。これは物事の習得には最も良い考え方であり、全てにおいて通じる精神だと思っています。先生は「指導者の大半はまだ”守”の段階や!」と厳しい態度でした。しゅらしゅしゅしゅ…。
新しい形 (演武)を覚えるのは、新しい曲に挑戦するのと同じような感覚です。暗譜をして、表現を磨き、精一杯弾く。ギターとも通じるものを感じます。

僕の思う”ギターの守”は、指先にタコができるかどうかだと思います。それまで指は痛いし長時間の練習も当然できません。上達するには続ける事が必須ですが、続けるためには無理せずのんびりするのが最も効率的だったりします。焦らず、マイペースに行こうではありませんか。趣味の世界ですから、どこまでのめり込むかは自分で決めたらイイのです。


Hiro Nakamura
お問い合わせ: info@midville.biz (24時間対応)
サイタURL: https://cyta.jp/aguitar/s/midville/
サウンドブログ: https://soundcloud.com/midville (Sound Cloud)
TAB譜販売: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=19015 (DL Market)
公式ウェブサイト: http://https://midville.jimdo.com (Midville's Creative Service)

 

(2018年8月16日(木) 1:37)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今回はアコースティックギターのサイズについてのお話です。ギターは大きさによって音が変わりますし、フォルム美も様々なのでかなり好みが別れるところです。今回は「ボディの大きさ」「抱えやすさ」「音の大きさ」「種類の多さ」をそれぞれ5段階評価にし、詳しく...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今回は、アコースティックギターの値段の差についてお話しします。気になっている方も多いかと思います。 ◆<u>「どれも一緒やん。」</u>◆ 旦那さんがギターを選ぶ時、奥さんは必ず言います。「この安いのでええやん。全部一緒やし。」 さ...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 僕もその昔必死に覚えました。今ではレッスンでここまでの内容を聞いてくる方は少ないので説明が不慣れなところはありますが、この死ぬほど覚えにくいスケールの僕なりの覚え方を軽くご紹介します。 ◆<u>そもそもチャーチモードッて何ですか?</u...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 今日はCAGED (ケイジド)システムについてお話します。これはギターにしか存在しないコード理論の1つです。深い内容に関してはレッスンで直接、図やノートを使って解説しますが、文面だけでは限界があるのでご勘弁ください。難しそう?いえいえ、少なくとも...

ギター講師のHiro Nakamuraです。 誰しも自分の体には大なり小なりコンプレックスがあるものです。特に日本人はアレが小さいと言われていますね。僕も決して大きい方ではありません。しかしながらもって生まれたもの。一生付き合っていかなければならないのです。 そうです、"手"の話です。...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ