サイタ音楽教室ギター教室アコースティックギター東京 初心者歓迎 ハマるアコギ講座  スクールブログ 【弾けばわかる...

【弾けばわかる♪】コードの押さえ方を変えて、響きの違いを楽しもう!

f:id:andfolk:20180718223537p:plain


こんにちは!

「ハマるアコギ講座」

コーチの安部です。

===

★今日はちょっと試してみたいことがあったので、挑戦してみたいと思います!
 このブログを「自分の声や演奏をデータでアップしてみよう!」という試みです◎
 上手くできるか分かりませんがこの文章の下の方に再生できる何かしらを貼付けますので、
 興味のある方は再生してみてくださいね!



===

今回は自分で喋りつつ、
ちょっとギターを鳴らしてみながら、
というブログをやってみようと思いましたので、お付き合い下さい!

---

ギターならではの響きの違い



ギターという楽器は基本的に6本の弦が張られていますよね。
その6本の弦は太さが違うので、それぞれ音の響き方が違います。

その弦をいろいろなポジションで押さえることによって、
また様々な響きが生まれます。

それが例え同じコードであっても、
ポジションや押さえ方(ボイシング)を変えるだけで音の印象が変わることもあります。
(コード名は変わりませんが、なっている音は変わります)

今回はそういった「ギターならではの響きの違い」みたいな部分をお伝えしたいと思います。


弾いてみよう!



今回は、
「A B E」と
「F G C」というコード進行を用いて試してみましょう◎

本来は一つのコードで試すのが良いと思うのですが、
せっかくなのでコード進行という流れのあるもので試してみましょう!
音声での試みですのでね!!

「A B E」



まずはこの「A B E」。

押さえ方はローコードです。


ジャ〜ン ジャ〜ン ジャ〜ン


開放弦を含んでいるので、低音もしっかり出てドーン!と明るい感じです。
(僕の感性です)



次はセーハ(開放弦無し)で弾いてみます。
いわゆる人差し指を寝かせて1〜6弦を押さえる形の押さえ方。


ジャ〜ン ジャ〜ン ジャ〜ン


開放弦がないので少し低音が抑えられていますが、
1,2弦5フレット以上の高い音の部分が押さえられているので
少しキラッとした感じが出ています。
(僕の感想です)


このように。
同じコードでも押さえる箇所を変えると響きが変わることも多いのです。

なので、
その曲に対する自分の好みに合った押さえ方を選べるとより楽しくギターを弾いていけると思います!


「F G C」



ついでに「F G C」もやっておきましょう!

押さえ方はローコードです。


ジャ〜ン ジャ〜ン ジャ〜ン


F以外は開放弦を含んでいるので、低音も出て良い感じです。
(僕の感性です)




次はセーハ(開放弦無し)で弾いてみます。
いわゆる人差し指を寝かせて1〜6弦を押さえる形の押さえ方。


ジャ〜ン ジャ〜ン ジャ〜ン


Fは元々開放弦がありませんが、
GとCも開放弦をなくすと低音が抑えられています。
しかし、その分1,2弦がローコードの時よりも高い音の部分(フレット)で押さえられているので
少しキラッとした感じが出ています。
(僕の感想です)

原理はさっきの「A B E」と同じですね◎

こんな風に、どのコードでもだいたいこういった押さえ方を選ぶことが可能です。


「A B E」と
「F G C」については、
そのコード進行の関係性も似ている部分があるので、
アコギに慣れてきたらまた別の感覚を持って聞き取れることがあるかもしれませんね。

---

おわりに



いかがでしたでしょうか?

コードの押さえ方を変えて、響きの違いを楽しもう!という試み。
ちょっといろんなコードで試したくなりましたか?

ピアノなんかでも押さえ方を変えて楽しめるのですが、
ギターだと弦の太さの違いも加わるのでひと味違った楽しみ方が出てきます。
(ピアノはピアノで一音がハッキリ出てくるので、かなり楽しいです)

コード表が手元にある人は、
同じコードをいくつかの押さえ方で弾き比べるとけっこう面白いですよ!

曲を演奏する時も、コード進行の流れや気分によって押さえ方を変えたりするのも良いですね!

自分なりの押さえ方を見つける時にも、
もしかしたら役に立つ考え方かもしれませんので、
ちょっとずつ試していくことをオススメします!

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!
音声の方を聞いてくれた方も、ありがとうございます!

今後も音声を併用したブログにしていこうかと考えておりますので、
どちらもチェックしてみてください♪

夏休みに入った学生さんも、
これから夏休みを楽しみにしている方も、
ちょっと時間を見つけて体験レッスンを試してみてくださいね!

連絡、待ってます!!


それでは、また!

 

(2018年7月20日(金) 12:40)

前の記事

次の記事

目的・種類別にアコースティックギター教室・レッスンを探す

新着記事

こんにちは! 「ハマるアコギ講座」 コーチの安部です。 ◆Twitter:<a href="https://twitter.com/andfolk">@andfolk</a> ※この記事は<a href="https://cyta.jp/ghikigatari/s/wa...

<center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180816212716p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180...

<center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180815235229p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180...

<center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180813223340p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180...

<center><img class="hatena-fotolife" title="f:id:andfolk:20180809013626p:plain" src="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/andfolk/20180...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、アコースティックギターレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ